コスパ最強の酒




ド底辺貧乏の酒事情。
コスパ最強の酒。

ワタクシみたいに、
「ド」が付く程の
底辺貧乏は

基本、宅飲みです。

お店に行けない。
行く金ないです。

では、普段、どんな酒を
飲んでいるのか?

ワタクシの場合は…

ストロングゼロ!

…は、さすがに卒業して、



今は、ウィスキーのお湯割です。

私の感じている
コスパ最強の酒とは

ブラックニッカの
ディープブレンドです。

 ストロングゼロはヤバイ
 コスパ…以前の問題。




ストロングゼロ…

9%の缶酎ハイです。

これがヤバイ。
マヂでヤバイ。

ふるさと納税対応って
コレ、まじヤバイだろ…。

なにがヤバイ?

人工甘味料との
組み合わせがヤバイ…

と、ワタクシは思ってます。

9%でここまで酔えるのも
人工甘味料のせいだと
考えてます。

そのうえ、
悪酔いするんですね。

で、酔いが覚めるころ…
あんまり気分が良くない…
↓ダウン気味になります。

だから、また
ストロングゼロを
飲んでしまうのです。

この酒…
飲めば簡単に
ポジティブハイになれるけど、
切れたら
ネガティブダウンの
どん底なんですね。

依存性、常習性が
極めて高いと思われます。

競艇場とか
競馬場とかで

たむろってる
歯の無い、おじいちゃんたち…

鬼殺しとか
ワンカップ大関から
軒並みストロングゼロに
変わりましたからね。

まぁ、それぐらいに
ヤバイので

ワタクシはストロングゼロは
卒業しました。

でも、
このサイトを書いてるときは
いっつも、ストロングゼロ飲んで
ラリって書いてましたので、

このサイトの50%は
ストロングゼロで出来ています。

…って、言っても
過言ではないです。

 コスパ最強のウィスキー




今は、
ブラックニッカの
ディープブレンドを

お湯割にして飲んでます。

今は、これが
コスパ最強のお酒かな…。

私に言わせると…
「新」底辺の酒。
「新」貧乏の酒。

1ヶ月の消費量というか
金額的には
ストロングゼロの時と
ほぼ同額です。

ストロングゼロには
戻らないってくらいに

このディープブレンドの
お湯割はウマイっす。

マヂで
「新」底辺の酒って言っても
いいんじゃないでしょうか?

価格的には
スーパーで買うと
700ccで1400円前後。

ウィスキーでは
低価格商品のカテゴリーです。

この価格帯だと
サントリーの角瓶、
カナダ産のカナディアンクラブ、
バランタインの最下層である
ファイネストあたりが
競合品になりますが…

ワタクシの感覚ですと…

この価格帯では
ブラックニッカの
ディープブレンドが
別格のうまさと
感じています。

香り良し
味良し
酔いまわり良し
悪酔い無し

と、基本的に
いいことづくめで

ストロングゼロとは
酒としての
格が違いすぎる。

なのに価格的な
消費量はほぼ同額。

当サイトが
自信を持って
オススメできる品と
なっています。

と、いいますか、
現状、このお酒のお湯割で
ラリった状態で
このサイトを作成してますので

このサイトの
50%は
ブラックニッカの
ディープブレンドで
出来ていますって言っても
過言ではないです。

 この価格帯のウィスキー




ワタクシって、基本的に
貧乏なので
高価なウィスキーを
飲めるような身分では
ありません。

でも、まぁ、
このサイトに訪問頂いて
もしかして、
ワタクシの記事で
ウィスキーに
興味を持たれた方に

おおまかな
ご説明を致します。

と、言っても、
あくまで、「この価格帯」の
説明ですので、

モルトとはなんぞや?
グレーンとはなんぞや?
ピュアモルト?
シングルモルト?
ブレンド?
みたいなハナシは
他のサイトにお任せして…

この価格帯…
700ccで1500円以下の
価格帯のブレンドウィスキーの
おはなしです。


国産というと、
現在、ワタクシの中では
2強です。
サントリーさんと
ニッカウィスキーさんですね。

キリンさんも
富士御殿場に蒸留所が
あるみたいですけど
正直、キャラクターの濃い
ウィスキーじゃないなぁ…
ってカンジです。
ですので、今回はキリンさんは
除外です。

あくまで、
ワタクシの感想です…


国産のニッカさん、
サントリーさんでいうと
以下の商品があります。

価格はだいたいスーパーでの
お値段です。



サントリー:トリス
700円前後

ニッカ:
ブラックニッカクリアブレンド
700円前後

この700円っていう価格帯は
基本的には
炭酸で割るためのお酒と
考えてもいいでしょう。

コクがなく、クセもなく
ウマくもない…
炭酸で割ることで
ウィスキーっぽい「風味」が
出るカンジです。

安いけど、
それほどコスパは
高くないです。



ニッカ:
ブラックニッカリッチブレンド
1200円前後

リッチというだけあって
これはウマイです。
ニッカらしい
ハチミツ風味の甘いお酒。
このお酒は
1200円だとコスパは
極めて高い味。
「準」貧困層の酒といっても
いいと思う。



サントリー:角瓶(黄色)
1300円前後

いわゆる、この価格帯の
定番ですね。
ただ、昔と味が微妙に
変わっちゃって…
昔は、ぬるいまま
ストレートでチビチビやる
お酒だったのに、
今は、ハイボールにすることを
想定したお酒です。
ただ、ハイボールにしたときの
ウマさは別格で
そういった面では名酒かなと
思います。カナリ売れてますが、
ワタクシは最近は買わない…。



ただ、
缶の「角ハイボール濃い目9%」
っていう、缶の商品が
あるので、それを買うときが
あります。
缶の角ハイボール9%は
「準」底辺の酒といってもいい
コスパだと思います。
コレは率直にうまいと思います。



サントリー:白角
1500円前後

白の角瓶です。
黄色の角瓶が
山崎(蒸留所)樽を
全面に押し出した味に対し、
白の角瓶は
白州(蒸留所)樽を
全面に押し出した味…
と、いっても
完全に全面押し出しきれてない
残念なテイストっていうのが
ワタクシの印象。
リザーブ(実売2600円白州樽)の
下位互換のような
位置づけ…の、なりそこない
みたいなカンジで
最近は買おうとは
思わないカンジ。
ぶっちゃけ、
あんまり売れてないんじゃ
ないかな…。



ニッカ:
ブラックニッカディープブレンド
1400円前後

今回イチオシの
ディープブレンド…
不思議なお酒です。
同系リッチブレンドの
上位であるように、
リッチブレンドの
豊かなハチミツ風味を
踏襲しつつ…
別の…ビターなチョコっぽい
風味が重なりあってます。

重なりあってる…
っていう表現が
適切であるか
分からないのですが…

最初に感じる香りとか
風味とか、味とか
それぞれ、独立してる
っていうか…
混ざってない
っていうか…
ちゃんと2種類
感じられるんです。

でも、舌に載せた瞬間から
ゆっくりと
混ざりあって
一つに収束する…

なに、この感覚?
なに、この深み?
なに、この美味さ…。

2種類の風味が
独立した状態で美味い。
収束した結果が
さらに美味い…。

ちょっと、この価格帯では
ありえない風格です。

端的に言うと、
衝撃的な美味さです。

ゆえに、おすすめ。
まさに、「新」底辺の酒。
味が底辺なんじゃないんです。
ありえないくらいに
上品です。

なのに、この価格…
このコスパ…。

ワタクシは
このお酒の存在で
ストロングゼロを
断ちきれました。

っていうか、
缶の酎ハイなんか
買ってる場合じゃねえよ。

それくらいに衝撃的な
ブレンドです。

ワタクシ、貧乏なので
ニッカさんの原酒…
余市樽と宮城峡を
充分に味わったこと
無いん出すけど…

どうブレンドしたら
ああなるの?
っていうくらい
ディープブレンドは
不思議なお酒です。
しかも、安い。

スーパーで見かけたら
ぜひ、試してみて欲しいです。

そして、ゼヒ、
お湯割を試してみて。