貯金

貯金とレベル




貯金ができるのは、
自分の
レベルが上がってからですよ。

RPGなんかの
ゲームがいい例です。

お金が余って、
貯まり出すのは
レベルが上がってから
なんです。

レベル

レベルが上がって
お金が余る


RPGみたいなゲームが
いい例でして、
レベルが上がらないと
ゲームが進みません。

レベルが上がって、
強くなっていくから
ゲームが進む。

ある程度進んでいくと、
得られるお金より、
何かを買うお金が
少なくなっていくので、

結果的に、お金が余る。

それまでは、
得たお金は、
武器などの装備や
ステータスの上昇のために
使います。

売上全部、再投資なんですね。

装備を節約して、
出費を抑えて、
「布の服」と「ひのきの棒」で
スライムばっかり、
数十万、数百万匹を
延々と倒して、お金を貯める
ワケじゃ、ないのです。

見合ったレベルに
見合った装備を
見合った金額で投資して、

レベルが上がることにより
敵もまたレベルが上がり、
そこから得られるお金が増す。
その得たお金を
ステータス上昇のために再投資…

これを繰り返した結果、
レベルが上がって、

お金が余るのです。

節約して、
ひのきの棒でスライムを
数百万匹倒すのが先か?

レベルアップのための
投資を繰り返すのが先か?

結果として、

どちらが早く高い地位に
たどりつくのでしょう?

多くのお金を得るのは
どちらでしょうか?

今の時代、
お金持ちの人って、

お金持ち、だったから
って人より、

お金持ちに、なったから
って人が多い。

自分のレベルが上がった結果、
お金持ちになっちゃった。
だから、お金持ち。

って人が、主流なんですよね。

もし、
自分が貧乏だなって
感じたときは、

ひのきの棒で、
スライムばっかり
倒してないか…?って
考えてみるのもいいですね。

お金の使い道を
明確にするでもなく、
ただ、単に盲目的に、
お金を節約することは、

すなわち、
ひのきの棒とか木の杖で
戦い続けることと同じこと
だということです。

今すぐ、全て同時に手に入れる、
確実に貧乏脱出できる転職方法。
今までずっと、
間違った方向に誘導されていた
視点と観点を変え、
正しく「情報収集」し、
正しく「検証」すれば、
それが「簡単」だと「見える」はず。