面接即採用の正社員




転職活動の面接で
即採用って…

不安ですか?

零細企業…
従業員数が20人以下、
資本金1000万円程度の
規模なら、

正社員募集で、
面接で即採用っていうのは
普通だと思います。

あくまで、
ワタクシの経験ですけどね。

転職と新卒で
考え方というか、
印象がチョット違いますが…

ブラックか?
という心配もあるかと
思いますが、

これは、見る角度によって
変わってくると
思います。


絶対に年収300万円「以下」に
ならない転職方法


 中小零細企業なら普通




まず、
零細企業って、
大企業に比べて
収益が低いんです。

資本金億単位、
従業員数が数百人規模の
中堅以上や大企業の
従業員の年収は、

零細企業のおおよそ倍です。

つまり、
零細企業に勤めると
大企業の年収の
半分くらいです。

これは、
国税庁のデータで明白ですし…

標本調査結果|統計情報|国税庁

イチバン上部に…
民間給料の実態調査結果
(全データ)(PDF/4,520KB)

っていうリンクがありますが、

それを見てくれると
一目瞭然です。

それが、世の中の現実。

あとは…
経営の用語でいう、
「従業員一人当たりの付加価値」
なんですけど、

零細企業って、
大企業の約半分なんです。

即ち、そこから拠出される
人件費は…?
って、いうことは、
お給料は…?

半分しかないってこと。

大企業は、
一人当たりの付加価値は
2000万くらい。
労働分配率45%だとすると…
人件費900万。
社会保険の会社負担分を引くと
従業員に渡せる額は…
だいたい年収720万円前後。

零細企業は、
一人当たりの付加価値は
800万円あれば、いいほう。
労働分配率50%だとすると…
人件費400万。
社会保険の会社負担分を引くと
従業員に渡せる額は…
だいたい年収340万円前後。

つまり、
零細企業であるということは
それだけで商売に弱いんです。

大企業は一人当たりの粗利
2000万円あたりの仕事を
主戦場とします。
それ以下は目もくれない。
っていうか、それ以下だと、
収益構造的に、
企業体を維持できない。

零細企業は、
大企業がやらない、
一人当たりの粗利が
1000万円前後の仕事が主戦場。
そこでしか勝負できない。
ってゆか、そこしか残ってない。

まともにやったって、
大企業に勝てない…
相手にならない。
競ったトコロで、
木っ端微塵に吹き飛ばされて
痕跡すら残せない。

大人数、大資本
屈強設備の大企業に
少人数、小資本
貧弱設備の零細が
かなうワケない。

竹槍の足軽なんかが
戦艦大和と戦えないのです。

中小零細企業は、
大企業がやらないような
収益が低くて、
誰も手をつけない
仕事をやっていくしかない…。

もしくは、
大企業の下請けとして、
買い叩かれて
生き延びる
しかない。

そういう会社に属して、
なおかつ、
生きてくための標準的な
お給料を得ようと思ったら、

やっぱり、休日出勤は
当たり前だし、
サービス残業も発生するし
いわゆる、
ブラックっていわれるような
お給料にしか
ならないのです。

シビアなんですけど、
零細企業で、
血ヘド吐くまで働いても、
大企業で、
ハナクソほじって
居眠りしている社員さんに
給与面で勝てないのが
普通なのです。

普通なんですよ。
努力とか能力で
どうにかなるものではなく、
所属と立場…の違い。
なんつーか、身分の違い。

で、
それが、「即採用」と
どういう関係があるのか…?

お給料が安くて
少々、ブラック気味の会社って、
やっぱり、定着率が
悪いんですよ。

常に人手不足…。

「即採用」の理由…
明白ですよね?

あとは、
零細企業の社長さんなんですけど、

社長さんが直轄で
管理できるのは
だいたい従業員8人くらいです。

だいたい
粗利益7000万円くらいが
限界…。
一人当たりの付加価値が
800万円だとすると…
トータルで9人くらいでしょうか?

従業員20人だとすると、
社長さんの他に、
もう一人、ないし、二人…
幹部がいるくらいの規模かな…

これくらいの規模だと、
社長さんの決断も
早いです。

早いっていうか、
社長さん以外は
意思決定できる人材…
っていうか、
経営の舵取りできる幹部が
いません。

だから、社長一人の判断で
即採用の
決断になるんです。

つまり、
「即採用」の会社が
ブラックっていうワケじゃなく、

そういう経営スピードの企業は
零細企業が多く、

零細企業って、
根本的にお給料が低く、

待遇が良くはない…

世間一般でいう、
ブラックっていう
印象を受けやすいだけ。

企業自体は、
まじめに事業をしてるんです。
社長の決断スピードが
早いから、
生き残ってこれたんです。

ただ、大企業に比べると
商売に、カナリ不利で、

大企業に
採用されないような人材
を束ねていくしかないから
なおさら、収益が低いってだけ
なんです。

ワタクシみたいな、
ダメ人間しか残ってないのです。

大企業が
採用しない人しか
余ってない現実の中で、
零細企業は経営して
いかなくてはならない…

仕事と同様、
人材も、大企業に
根こそぎ持っていかれてます。

零細企業の社長さんは、
そういう現実を
突きつけられて

応募してくれたら
逃さす採用するしかない。
…という結論に達せざるえない。

悲しいかな、
これが現実。

残念ながら、
「即採用」は…
ブラック気味の会社に
現れる傾向として、
代表的なものであるという
現実は、たしかにあるんですが…

根本的なトコロでは、
ブラックかどうかの
基準は、「即採用」が
どうのこうのではなく、

その会社の収益構造、
「一人当たりの付加価値」を
よく吟味すれば
いいだけなのです。

その数字で
お給料の額が逆算できるのです。

その会社の
取引先は?
下請けなの?
取引先の数、分散規模は?
売上規模は?
一人当たりの付加価値は?
労働分配率は?

ブラックかどうかを
気にするんだったら、
それらの数字を
吟味することですね。

その会社の
一人当たりの付加価値が
1000万円以上ないと、
年収400万円以上には
どうやってもならないんです。

気持ちや道義の問題ではなく
数字の問題なのです。

 ブラック企業




面接して即採用を
言ってくる会社は
安易なブラック企業なのか…?

そもそも、
アナタの思い浮かべる
ブラック企業って、

どういうことですか?

短絡的になっちゃいますが

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

こういうのを
想定してますよね。

細かいこと
言っちゃうと

仮に法律を遵守していても、
会社になんの落ち度が
無くても
零細企業では、

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

…こうなっちゃうのです。

この原因は
その企業が儲かってないから。

経営の用語でいうところの
従業者一人当たりの
付加価値額

少ないからです。

この数字で
給料って、
決まっちゃうんですね。

この数字で
従業員に分け与える
給与額の限界が
決まっちゃうのです。

ですので、
面接で即採用は
ブラックなのか?
という心配は…

法律的なブラックか?
と、いうよりも、

そもそも、その会社が
従業員にそれなりの
給与を出すことができる…

儲かる業界なのか?

その業界の中で
儲かっているほうの
会社か?

そして、就く仕事の
内容が、難易度の高い
付加価値の高い仕事か?

そして、
その難易度高くて
付加価値の高い仕事を
こなせる素養が
自分にあるか?

これらを満たせば
面接して即採用とか
考えなくてもいいハズなんです。
即採用がどうのこうのって
不安がるより、

そもそも、
応募する仕事の選別のほうが
重要なんですね。

・業界
・会社の規模
・仕事の難易度
・自分の適正

こっちを考えるべきです。

そのうえで…

ちゃんと約束が守られる

コレが重要。

約束した金額が
ちゃんと支払われることが
重要なのです。

そのためには…

大企業の血脈に属す。

そうすれば

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

こういうことから
遠ざかれるのです。

要は、正社員とか非正規とか
派遣とか契約社員とか、
雇用形態にこだわるよりも、

働きやすくて、
お金も良くて、
ちゃんと約束が守られる。

決められたことを
ちゃんと、こなせば、
約束が守られる。

つまりは、
遵法的にも福利厚生的にも
ちゃんとした、
作業員を派遣するシステムを持つ
しっかりとした企業であれば

作業員って働き方も
悪くないのです。

いうなれば、固い

選ぶべきは、
正社員という、
幻想的なこだわりより
もっと重要なことを
条件にすべきでしょう。



工場求人ナビ

工場求人ナビさんの
すばらしいところ
やっぱり、福利厚生ですね。

福利厚生を充実させるというのは
どういう方向性を目指した
企業なのかってことを
考えてみるといいかもですね。

そして、
直接的でも、間接的でも、
大企業の血脈に属す。
これが、大事なんですね。

 儲かる業界と
 儲かってる会社と
 一人当たり付加価値と




結論から言ってしまうと

製造業の大企業に関連する
仕事に就業すれば
いいのです。

なぜか?

製造業って
付加価値が高い業界なんです。

他に高い業界ってなに?
電気ガス水道のようなインフラと
金融関係…。

逆に儲からない業界ってなに?
ぶっちぎりで
一人当たり付加価値が
低い業界は…
宿泊・飲食です。

これは、
「業界別 一人当たり 付加価値」
でGoogle検索してもらえば
一目瞭然で、

製造業って、
小売とか飲食より
全然、付加価値が高いのです。

そこそこ名の知れた
大企業だと、
製造業の付加価値は
飲食の2.5倍くらいですかね。
それどころか、もっとあります。

ここで平成27年度の
国税庁の平均年収調査結果の
データに登場
してもらうと…

電気ガス水道:715万円
金融保険:639万円
情報通信:575万円
製造業:490万円
建設業:468万円

不動産:424万円
運輸郵便:414万円
医療福祉:388万円
卸売小売:358万円
サービス業:345万円
宿泊飲食:236万円



つまりですね…

飲食店で
どんなに頑張っても、

工場系とか製造業の労働者の
半分くらいしか
給料もらえないんです。

現実的に、社会の構造上
そうなんですね。
個人の能力よりも
属する組織で決まるのです。

一人当たりの付加価値額で
渡せる給与の額の限界が
決まっちゃうのです。
それ以上は、どうやっても
渡せない。
お金ないですもん。

だから、
飲食業界って、
非正規とか、バイトが
78%です。
(平成24年しらべ)
それは、業界特有の問題で、
付加価値額が低くて
そもそも、正社員で
雇用できないのです。
そして、高い給料が渡せない。
厚生年金に加入できない。

もちろん、
製造業も非正規率は
高いですけど、
実際は25%程度。
(平成24年しらべ)

飲食とか介護とか
付加価値が低いという
業界固有の問題と比較すれば

製造業って、
すっごい、高待遇なのです。

飲食業界から製造業に
転職するだけで
給料5万円以上、ポンと
増えますからね。

これが現実。
すべては
その業界、その会社の
一人当たり付加価値が
高いからなんです。

渡せる額が単純に多いのです。

製造業って、大資本と
多額の設備投資が必要な
業界なので、
そもそも、参入障壁が高く、
儲かっている会社は
そのまま、順調に
儲け続けるのです。

ここまでくると、

製造業の
それでいて大企業の
血脈に属せ!


…という意味を
ご理解頂けると思います。

多額の分け前が
欲しいなら、
コレしかないんですよ。
はじめから分け前の多い
業界に行けばいい。
一人当たりの付加価値額が
大きい製造業という
ジャンルを選択すれば
いいだけなんですよ。

いいだけなんですけど、
結構、このことを
知らない人が多い。

そもそも、
一人当たり付加価値
っていう基準を
知らない人もいるっていう有様。

それじゃ、
ブラックな業界に
ブラックって知らずに
行っちゃうことになりますよね。

でも、
一人当たり付加価値っていう
コトバを知ってて、
それでいて、
その意味を知る人は
進むべき道を誤らないんです。

だって、数字で見えてて
チョット調べれば誰だって
知ることができる…。
調べたか?否か?
単に、その差。

個人の能力が
高いとか低いとか
関係ない。
シゴトが出来る
できないとか関係ない。
器量がいいとか
悪いとか関係ない。

進むべき道を
見誤らないための
基準を知っているか?
知らないか?
…その差なんですね。


先にも述べましたが、

・業界
・会社の規模
・仕事の難易度
・自分の適正

これらが重要なのです。

あとは、そう…

自分の適正。

それらを、
事前に相談できるのが…



工場求人ナビ

以上が、
工場求人ナビさんを
おすすめする理由となります。

付加価値の低い業界ではなく、

付加価値の高い業界で
儲かっている大企業の
系統で働く…

だから、
法令は遵守されるし、
約束が果たされるのです。
それだけの余裕がある。
そして分け前も多い。

なぜ?

それは、
一人当たり付加価値が
充分に高いから。

製造業の
従業者一人当たりの
付加価値額が

飲食・宿泊・介護・小売
…などより、
はるかに高いのです。
酷なコトいうと、倍くらい…

能力が同じなら
飲食業界より製造業のほうが
給料が何割も高いのです。
っていうか、
ぜんっぜん違います。

もちろん、製造業の
中にでも、
付加価値の高い業界と
低い業界があります。

高いのは、
自動車関連、金属加工など。
素材的に固いモノ。
電気電子機械などの
テクニカルなもの。

逆に低いのは
食品製造、衣類製造など。
素材的に柔らかいモノ。

つまり、
給料が高いオシゴトって
ある程度「決まっている」のです。

個人の能力とかより、
属する業界と
属する会社と
従事する仕事の
数字の問題なんですよ。

付加価値が低い業界は
正社員であっても
ブラックで、

付加価値の高い業界は
正社員じゃなくても
ホワイトなんです…。

これが、現実。

だからこそ、
製造業専門の人材サイト
おすすめしているのです。



工場求人ナビ

どうして、
工場求人ナビさんは
待遇や、福利厚生がいいのか?

それは、
製造業専門だから。
付加価値が高い製造業を
専門としているから。

逆に、
付加価値の低い飲食などを扱うと
コレができないんです。

ブラックがイヤなら、
ブラックにならない
業界を選べばいいだけなんです。

ブラックな業界って、
経営陣が悪いとか、
経営陣がケチとか、

そうじゃないんです。

難易度が低く
参入障壁が低いから
価格競争になってるだけ。

価格競争とは何か?
人件費の安さの競争。
つまり、
給料の買い叩き戦争。

それと、
一般大衆が、その業界に
お金を落とさないだけ。

一般大衆からの評価が低いのです。
価値を感じてくれていない。
つまり、
その業界の存在価値が低い。

ブラックな業界、
ブラックな会社っていうのは
給料の買い叩き戦争
一般大衆からの低評価との、
ダブルパンチなんですね。

そのことを
経営陣は重々承知だけど、
従業員は理解できてないだけ。
このすれ違いこそが
ブラック問題なのです。
だけど、本質的には
付加価値の低い業界は
ブラック気味になるのは
火を見るより明らかなんですよ…。


だからこそ、
構造上、
ブラックとは縁遠い、
製造業専門の人材サイト
おすすめしているのです。



工場求人ナビ


そして、
一人暮らしの生活が
苦しい貧乏から、

せめて、
まともな一人暮らし
できる程度の貧乏へ…

その答えは
国税庁の調査結果と、
業界別の
一人当たり付加価値
深く調査することで
見つけられます。

若干、重複内容となりますが…

絶対に年収300万円「以下」に
ならない転職方法


も、合わせてお読み頂けると
納得して頂けると思います。