質素とは?




質素とは、
「しつ」の「もと」


の要のことですね。

はっきり申し上げると…

安いモノを選択
することでもないし、

払わない節約を
することでもないし、

食事の質を落とすこと
でもないし、

「ぜいたく」を
しないことでもない。

本質につながる要素を
選択することなのです。

 本質につながる要素




質素とは、
「しつ」の「もと」

本質につながる要素を
選択することなのです。

自分の価値をあげていくことに
寄与する選択のこと。

たとえば、それが
高価な高級品であったらなら、
それを選択する。

本当に必要なモノを選択し、
不要で無駄なモノは
選択しない。

質素とは、安いことでない
単純に経費削減すること
でもない。

自分の目標とか目的とか
価値とか質といった、

「本質」を構成するための
「要素」なのです。

つまりは、
明確な目標を
見失わないから


本質につながる
要素だけを選択できるのですね。

そこには、
自分にとって、
「良いもの」が基準。

安いとか、高いとか
無料とか、有料とか
そんな基準はないんです。

もちろん、
高級とか、低級とか
そんなことも基準にない。

本質の要素、
本当に良いものを選択した
結果が、

たまたま、
安かったり、
高かったり、
低級品だったり、
高級品だっただけ。

でも、だいたいの
明確な目標って、
自分の価値を高めること
ですよね?

じゃぁ、その本質の要素は?
自分の価値が高まる
品だったり、サービスのこと。

安かろう、悪かろうが
アナタ自身の価値に
見合うのか?
釣り合うのか?

そういうことを
考えると、

質素って、なに?
って、答えが実感できるのでは
ないでしょうか?

今の自分は、
今の選択は、
今の生活は、
今の生き方は、

果たして、質素と言えるのか…?

結局、

「明確な目標」を
「見失わない」から、

「本質の要素」を
「見誤らない」のですね。

人の品格で
質素の「定義の認識」が、
困ったことに違うのです…。

だから、
ある人の「質素」が

別の人の見解だと、
「贅沢」っていう

おかしな議論
なっちゃうことも
あるワケです。

質素の定義が
「本質の要素」って認識の人と、
「安くて粗末」って認識の人と、

相容れないのです。
人間の品格が違うと
ハナシが通じないのです。

質素の意味が
本質の要素…すなわち
高品質なモノと
釣り合う品格の人と、

質素の意味が
安くて粗末…
その人の本質が安くて粗末…
すなわち、
安くて粗末なモノが
釣り合う品格の人で

人としての品格に
隔たりがありすぎて
ハナシが通じないし
見ている常識も
違うのです。

住む世界が違うのです。

 利益「だけ」買う




すなわち
質素な生活とは…

利益「だけ」買う。

これを差します。

利益になるコトを
買って、
利益にならないコトは
買わない。

そして、
利益になってないなら、
捨てる。

貧乏な人って、
結構、真逆をやっていて…

ま、それって
ワタクシのコトなんですけど…

利益になることを
買わなくて、

利益にならないことを
買っちゃって、

利益になってないことを
捨てないのです。

だから損失
垂れ流し続ける…
現金を放出しつづける…

嘘?
マジで…?

って、思われた方には

ぜひ、以下の記事を
お読み頂けたらと思います…

貧乏脱出法・入門編
質素な生活とは?利益「だけ」買う
払いたくない…と思うのは、
利益にならないから。
人間の脳は潜在的には
利益は買うものだと、
知っています。

貧乏脱出法・中級編
貧乏さんが、物が多い傾向の理由。
貧乏さんと、お金持ちで、
財産の基準の認識が違うのです。
「質素」の認識が違えば、
ハナシが通じないのと一緒です。