追っかけをやめる
 節約もやめる
 そして貧乏脱却する




芸能人の「追っかけ」と
貧乏さんの生活は
とても、よく似ています。

貧乏さんも、
日々、追っかけているのです。

なにを?

安いモノを…です。

節約も同じです。

そして、貧乏脱却する。

 「追っかけ」はヤバイ。
 「安い」もヤバイ。


人は貧乏だと、
「安いモノ」を「追っかけ」ます。
そういうものなんです。
そういう習性。

「節約」も同じ習性から
生まれるものです。

察しのよいかたは、
ピンときたかもしれませんが、
「安いモノ」より、
追っかける」ことが問題で、

「追っかける」習性を利用されて
「罠」にハメられる
「役目」を帯びる
「階層」であるのが
「貧乏人」なのです。

ここに、中間搾取を
「する側」
「される側」
…の仕組みの核心があります。

怖いハナシ、
中間搾取「する側」の人が、

貧乏人どもを
罠にハメるためには
どんなモノを
追っかけさせればいいのか?

それは、きっと
安いモノ」だよね。
…こういう、仕組み。

搾取ってどこからするの?
「追っかけ」からなんです。

安いモノで直接搾取する方法も
ありますが、

安いモノを追っかける手段を
売ることで、中間搾取が
成り立ちます。

安いモノを追っかけさせるのも
ひとつの手ですし、

安いモノを追っかけているヤツ
狙うのも、ひとつの手です。

これにより、先ほど、
「安いモノ」より、
「追っかける」ほうが問題と
言いましたが、

訂正します。

結局、
「安いモノ」もヤバい。

安いモノって、
すでに仕掛けの一部なんです。

ある意味、罠。
「追っかけ」を発生させるエサ。

「追っかけ」の対象と行き先が
分かっている連中に、
手段を売りつけるのは
とても簡単です。

つまり、
「安いモノ」と
「追っかける」が重なるのは
「すさまじく」ヤバい。

中間搾取を「する側」の
基本戦略なのです。

 商売の本質
 お金持ちになる方法
 追っかけ「させる」


なんとなく、
商売の本質が見えてきませんか?

そう、基本は、
追っかけさせるのです。

つまりは、
ファンにさせる。

ファンの対象は
人でもいいし、
会社でもいいし、
ブランドでもいい。

それらを
「追っかけ」られる価値に
なるまで高める。
情報操作でもいい。
印象操作でもいい。
虚像でもかまわない。

っていうか、
むしろ、虚像。
それが、広告。
それが、広告塔の芸能人。

追っかけられる
仕組みができれば
こっちから、
追っかけなくても
いいんです。

そうすると、
「追っかけ」の手段に
需要が生まれる。

追っかけの対象の虚像を美化する。
追っかけの対象の価値を高める。
追っかけの行為を美化する。
追っかけの手段や道具を売る。

そうすると、
商売がうまくいって、
追っかけから搾取できる量が
増えます。
すすんで払ってくれるんですね。

ワタクシのような、
中間搾取されてる
貧乏さんも、

商売上手な
お金持ちの仕掛けた仕組みに、
ねじ込まれているのです。

だからこそ、

追っかけの対象に疑問を持ち、
追っかけの行為に疑問を持ち、
追っかけの手段に疑問を持ち、
追っかけの道具に疑問を持つ。

そうすると、
中間搾取の構造が
明るみにでると思いますよ。

過去のワタクシは…

勤務先は街中。
でも、自宅…賃貸物件は郊外。
理由は安いから。

でも郊外は不便。
だから、クルマを所有した。

「安い」を追っかけて
わざわざ追っかけの手段である
クルマを保有するハメに
なったのです。

安いスーパーに行くために
クルマを買って、
駐車場を契約して、
ガソリン入れて
車検を払って、
保険を払って、

結果、莫大な赤字を
気づかずに抱えてた。

安い追っかけた結果、
中間搾取大赤字
しかもそれに気づいてない。

気づかせないのが商売上手。
気づかないヤツを狙うのも商売上手。

こんなカンジで
わざわざ、中間搾取に
気づかずに片足を突っ込む…。

そのプロセスのあばき方を

【貧乏脱却法】として
下記に記します。

追っかけの対象である

安いモノ」に
疑問をもってみませんか?

そして、
追っかける立場ではなく、

追っかけ「させる」
もしくは、
追っかけ「られる」
立場に変えるのです。

そこに「気づいて」、
そこから、
アタマを使って、
オトナになって、
裕福で強い生活基盤に
転換していくのです。

「気づき」こそがスタートです。

 今回のまとめ
 安いを追っかけると
 中間搾取対象になるよ




1.
マジで
「安い」のを
「追っかけ」るのは
もうやめよう。
それを「節約」とか
言っちゃうのは
ダメな大人の典型です。

2.
中間搾取を「する側」の
戦略なんか、見えている。
そこに、
乗っちゃうか、乗らないか。
すべてが悪いとは言いません。
今の自分にとって、どうなのか?
そこに乗っかっちゃって、
搾取されつづけることが
節約と言えるのか?

3.
中間搾取を「する側」になろう。
自分のなにかしらの
ファンにさせればOK。
怖いハナシ、
中間搾取「されない側」とは
中間搾取「する側」のこと。

↓貧乏脱却 | 社会の仕組みに関すること