休日の家事。
 まとめてやる派?
 いっさいしない派?




休日の家事…

洗濯とか、買い物とか、
掃除とか、
まとめてやりますか?

それとも、休日は家事を
できるだけしないで
休暇を楽しむことを
優先しますか?

ワタクシは、休日に家事を
いっさいしない派です。

「まとめて」やるって
思考は、カナリ危険です。

ワタクシの場合、
はじめは、まとめてやる派
でした。

洗濯は、1週間分ためてとか、
週末にまとめてお買い物とか
してました。

でも、今は
いっさいしない派です。

考え方が変わったのは、
家事のことを、

無償の労働と感じるように
なったからです。

それは自分の利益とか
自分の資産価値とか、
時間単価を考えるように
なってからです。

無償の労働のために
休日を潰すのは、
もったいない。

なにが、もったいないかって?
「時間」が…です。

利益が出ないことに
時間を浪費されるのが
イヤだと感じるようになりました。

休日にワザワザ
対価が得られない労働をしない。
休日は、休養。
もしくは自分への投資。

家事は平日に済ましておく。

買い物は、平日のうちに。
洗濯も、平日のうちに。
掃除も、平日のうちに。

ワタクシは、
これらの実現のために

まず、引越しました。

24時間スーパー至近に。
職場にもほどほど近く。
コンビニもほどほど近く。

そうすることにより、
買い物を「まとめて」する
必要がなくなりました。
24時間スーパー至近なので
ストックとかいらないんです。

通販もコンビニ受け取りにすれば
会社帰りに受け取れる。

24時間スーパーが至近なので、
自炊の必要がない。
会社帰りに「半額」を選び放題。

クルマが必要なくなったので
手放した。

すべてに「近く」なったので
移動時間がすごく短縮。

「遠く」の時の帰宅時刻が、
「近く」の今は、食事が終わって
お風呂の時刻。

次に洗濯。
「まとめて」していたから
洗濯機が必要だったのですけど
引越しの際に手放しました。

風呂の際に毎日手洗いすれば
休日にまとめてしなくていい。

自炊をしなくなったので、
部屋に道具や物資が
少なくなりました。

掃除がラクになるような配置、
収納家具を揃えました。

基準は、
掃除がラクで
時間がかからなくて
出し入れの動作が少なく
使うものを使う場所の近くに
効率的に配置する。

洗濯機をおかないので
スペースが大きく活用できる。

こんなカンジで
休日に「まとめて」
なにかをする必要を
排除できました。

いろいろ出費もありましたが、
結局、クルマを手放すことで
年間の45万円の費用が浮いたので
むしろ、黒字化しました。

その日のコトは、
その日のウチに
片付くような生活に
「部屋ごと」移行したら、

黒字化して、
なおかつ、休日は
まるっと時間ができました。


今までの自分は、
「まとめて」やろうとするから
中間搾取される立場
だったんだと気づきました。

洗濯も、
「まとめて」やろうとするから
洗濯機が必要だったんです。
しかも、その洗濯機も
週に1回程度しか稼働しないのに
玄関入ってすぐ右手の場所に
でかいスペースを食って
居座ってる…

買い物も
「まとめて」やろうとするから
保管場所に広い部屋が必要で、
広さのために
遠くて安い部屋に住み、
遠いがゆえにクルマが必要。

掃除も、
いろんなものを「まとめて」
保管しておくから
部屋が煩雑になって
掃除がしにくい…

結局、この「まとめて」が
元凶だったのです。


「まとめて」は、基本的に
「モノ」に対してです。

「モノ」を扱うために
「道具」が必要になります。
「物資」を収容する「広さ」
「道具」を収容する「広さ」

「広さ」のために「安さ」
「安さ」のために「遠く」
「遠い」がゆえに「長時間」
「遠い」がゆえに「クルマ」
「クルマ」のために「維持費増大」

必要のために、必要。
必要の多重連鎖構造になります。
これが、中間搾取の正体。


「モノ」を「まとめる」のをやめて
「お金」に「まとめる」ほうが
ワタクシ的には
生活がガラリと良くなりました。

「モノ」を「まとめる」ことを
やめたおかげで、
クルマを手放すことができ、
通勤時間は短くなって
部屋はスッキリ掃除もカンタン
休日はまるごと時間ができ、
おまけに、
大幅な黒字の生活。

休日に「まとめて」は、
その段階で、すでに
多重連鎖の中間搾取に
晒されているのかもしれません。