価格の決定権は
 どっちにある?




例えば…

コンビニに缶コーヒーが
120円で売ってたとします。

それを、ワタクシが30円で
売れって、言って…

応じるでしょうか?

実際、やってみましたけど
無理でした。

まぁ、無理を承知で
やってみましたが、

店員さんの
ワタクシを見下す視線
といったら

そりゃぁ、もう、
冷たいものでしたよ。

なんていうか、
物乞いを追い払うような
そんなカンジの目…。

まぁ、そんなことは
おいといて…

この現象を整理すると、

価格の決定権は
どっちにあったのか?

っていう点に
行き着きますよね。

もちろん、
ワタクシにではなく、
コンビニにあったワケですが…。

じゃぁ、
なんで、ワタクシの
要求にコンビニが
応えなかったのか…?

いやいや、
そういう決まりで
店員がどうにかなる
問題ではないから…。

って、いうのもあるんですが、

根本的に、

コンビニには、
120円で買ってくれる
お客様が
たくさんいるからです。

べつに、
ワタクシに30円で
売らなくてもいいワケです。

つまり、
ワタクシ以外にも
優良な、お客様が
いっぱいいて、
値下げしなくても
いいんですね。
価格の決定権を
持っているわけです。

反面、ワタクシには
価格の決定権はない。
30円という要求は
通らない。
言われるとおりの
120円で買うしかない。

ワタクシの要求に
応じなくたって、
コンビニは潰れない。
痛くも痒くもないのです。

さて、
価格の決定権をもつ鍵…
重要な要素は、なに?

明白ですよね。
顧客が「分散」されているか?
…です。

この世は、
分散できてないほうが
負け。
圧倒的に負け。
支配される。
絶望的に弱い。

安い価格を
要求してくるワタクシに
売らなくても、
コンビニの提示する
価格で買うひとが
いーっぱい、いるのです。
顧客が、大量に分散されてる。

顧客が分散されていれば…

値下げしなくていい。

特定の顧客の動向に
依存しなくていい。

計画どおりの利益を、
計画どおりに得られる。

さてさて、
これは、コンビニっていう
店舗と、
ワタクシっていう
個人の間のハナシでした。

では、
今度は、
ワタクシっていう
個人と、
勤める会社っていう
関係では、
どうでしょう?

給料の、価格の決定権は
どちらにある?

ワタクシは、
給料を得られる取引先…
勤める会社が
1社しかない。

でも、会社は…

従業員は、別に
ワタクシでなくてもいい。

代わりなんか
いくらでもいるし、
イヤなら
やめてもらってもいい。

しかも、ワタクシより
優秀な従業員なら
いっぱい居るし、
外注先もいくらでもある…。

取引先が
ひとつしかない
ワタクシと、

取引先が
分散されている
勤務先で、

給料の価格の決定権は
どちらにあるの?

もう、言わなくても
いいですよね。

基本的に、
サラリーマン…
勤め人っていう、
立場自体が、
弱いんです。

取引先がひとつに
固定されて
分散されていないから。
言われるままに
従うしかない。

会社が副業を禁止するのも
なんとなく
分かると思います。

お店と個人、
会社と個人、

なら、会社と会社は?

会社、対、会社であっても、
取引先が
分散されているほうが
価格の決定権があり、
優位に立てます。

会社の強さって、
特定の取引先に、
たくさん買ってもらうこと
ではなく、

分散した取引先に、
たくさん買ってもらうこと
なんですね。

一ヶ所に
たくさん買ってもらうことより
分散のほうが大事で…

たくさん買ってもらえるからって
特定の取引先に
依存し始めると
知らず知らずに、
価格の決定権が奪い取られて
しまうのです。

自社の利益を確保した
価格で売れていた状況が…

いつのまにか、
相手の要求する価格でしか
売れなくなるのです。

気づいたときには
価格面で支配されてます。
いつの間に…?って
思った時点で、もうアウト。

じゃぁ、その…
弱い立場、
弱い関係は?

「下請け」です。
下請けで、顧客が
ほぼ固定されている場合。
というか、固定させられて
他の取引先を減少させて
しまいます。

下請けは一代で終了

そうしているうちに、
価格の決定権を
相手に持ってかれ
買い叩かれ、
利益を確保できない…。

まぁ、こんなカンジが…
大企業がやる
中小企業を
支配するための手口のひとつ。
新規営業という生命線を
殺してくるんです。
従業員の副業禁止と同じ原理。
分散を殺す。
依存させる。

本当の意味での安定した会社って、
売れればいいってワケじゃなく
ちゃんと戦略的に
比率を考えて、考えて
考え抜いて営業してるんです。
分散を殺されないように。
特定の取引先に依存しないように。

で、
なにがいいたいのかと
いいますと…

そんな下請け構造の会社に
入ってしまうことが
イチバン厄介なのです。

サラリーマンって
生き方自体が、
価格の決定権がなく
弱い立場であるのに、

勤める会社までもが、
自社の商品とかサービスに
価格の決定権が
ないとなれば…

そこに勤める
従業員の給料は…?

カナリ、
厳しいものになりますよね。

これが、相対的に
給料の高い人たちと、
給料の安い人たちを
分かつカラクリです。

価格の決定権を持ち、
弱小の取引先を
買い叩きまくれる会社の
社員さんと、

価格の決定権を奪われ、
凄まじく買い叩かれ、
取引先の要求する金額でしか、
仕事が来ない会社の
社員さんで、

どっちの会社の社員さんが
お給料が高いでしょう?

元請けさんの
提示してくる金額を、
「それでは、あんまりです…」
って、
懇願してくる下請けを見る
元請けさんの目は、

ワタクシがコンビニの
店員さんに浴びせられた
「物乞いを見るような目」
と、まるっきり同じ。

買い叩かれる側の会社って、
まるで、物乞いの集団…。
その一員になることを、
想像してみてください。

そんなこと、
まっぴら、ごめんですよね?

でも、
状況や、境遇によっては、
悲しいことに
そうなっちゃう…

個人のガンバリっていう
問題じゃぁ…ない。
そういうレベルでは…ない。

構造と仕組みの中で
どの立ち位置に
属するのか?…なのです

そうならないための…

貧乏脱却法です。

分散できてないほうが負け。
ワタクシのように
コンビニの店員さんに
物乞いを見るような目
されないための
貧乏脱却法です。

給料が高い…って、
どういうこと?
どういう仕組みの中に
属すればいいの?

節約する…って、
どういうこと?
その先に
待っているものって何?
いつまで節約を続ければいいの?
生涯、続けなくちゃいけないの?

お金持ちになる…って、
どういうこと?
それは、自分の能力で
勝ち取るもの?
それとも、立場に違いが
もたらすもの?

このことの
一定の答えを
下記の記事で提供してみせます。

買い叩かれない「側」
属するには、
どうしていくべきか?

その答えを、以下の記事
「貧乏脱却」に記します。