やる気の根源とは?
 社会貢献できる喜び
 世の中の役に立つ




やる気の根源とは?

社会貢献できる喜びです。

世の中の役に立つ、
うれしい、
ありがとう…

その対象者に
してあげることで、

人は動くし、動かせます。

ワタクシ、筋金入りの
ド底辺でして…

今は、なんとか、
正社員としてやってけますけど、

昔は、非正規だったことも
ありまして…

結局、ワタクシみたいな底辺は…

周りも、みんな底辺でして…。

まぁ、やる気なんて
あるわけないのです。

でも、そういう人たちに
囲まれて…っていうか、
立場上、
ある程度、束ねていくとき、

みんなの、やる気がないと
成果が低くて、
ワタクシも怒られちゃうんです。

じゃぁ、
やる気ってナニ?
どうしたら出るの?
って、考えたとき…

ワタクシの若いころを
思い出してみると…

やる気なんて、
あるわけないし
でるわけない。

こういう状況だったんです。

だから、
今の若い子も、
同じなんだよなってトコから
スタートしました。

そもそも、
仕事を「やらされている」って
感覚なので、
おもしろくないですし、
意義なんて見出せないのです。

だからワタクシがやってみたのは、
「ありがとう」を伝えること。
「うれしかった」ことも伝えること。

そうすることで、
「うれしかった」から、
「ありがとう」

「ありがとう」って言われて
「うれしかった」…

こういうのが、
順繰り回っていくと、

「やらされてる」っていう
お仕事に対する感覚が
変わっていくんですね。

「誰かのために」が
回っていくのです。

その延長で、
ありがとう、うれしい…
の、数が増えていく。
それらの質が上がっていく。

そうすると、
効率が上がっていく
成果が上がっていく。

そこまでいくと
実感できるんですよね。

世の中の役に立つ

職場の中でも、感じられ、
お客様からも、伝えられ…

お仕事って、
お客様のためにするんだ…
だから、ありがとうって、
お金…売上があるんだね。

そして、
職場内での、
ありがとうの
質が上がること
によって
利益って増えるんだね。

だから、
うれしいと思えること、
うれしいと思ったことは
みんなで共有していかなくては
いけないんだね。

そして、
自分に対する
ありがとうの数…
つまり、自分の感じる
うれしさとか、喜びの
カタチこそが、お給料の
「額」なんだなぁ…

自分が若いころに感じた、
こういう、あたりまえのこと
若い子に伝えていく…

伝えていく…
というより、感じてもらうための
仕組み作り…。
雰囲気作り…。

だいたい、
ここまで成果が出ると
もう、「やる気」なんて
議論しなくていいんですね。

社会貢献できる喜び…
これを感じられるレベルまでいくと、

「やる気」なんて、
そこらじゅうに溢れている。

つまりは、
やる気がないのは、
職場の雰囲気、
仕組み、文化。

コレらが、悪い…と思います。

「やる気」がどうのこうのって、
考えたり、感じたりするのが
そもそも、
チョット間違ってるのかも
しれません。

だから、
ワタクシも改めて、
ありがとう…とか、
うれしかった…とか、
伝えていくことの
重要性を再認識したのであります。

そして、
本当に伝えたいこと…こそ、
伝えるんじゃなく、
感じて会得してもらう。

こういうカラクリを
作っていくことが
正社員のお仕事なんだなぁ…
って思いました。