ブラック企業といっても
 程度によるよね…。




ブラック企業は乱立している?

結論からいうと、

「給料あがらない」
「休みが少ない」
「仕事がキツい」

もし、それが
ブラック企業だというのなら、

この世にブラック企業は
乱立しているのです。

 ブラック企業のイメージ




では、
ブラック企業…
いわゆる、法律を破って
反射社会的な行為を行う
事業者や法人のことなのですが…

ブラック企業っていっても、
イメージの程度によりますよね。

たとえば、
積極的に密漁、盗掘、窃盗を
入手源として、それらを
販売したり、仕入れたりする企業。

たとえば、
明らかに暴力的な、
反社会的な組織に融資したり、
便宜をはかったり、見返りを
渡したりする企業。

そのほかにも、
脱税、密輸、粉飾、
無許可、改竄などなど、

積極的に法律を破っていくことを
収入源として、
それらを、違法と知りながら
従業員らに従事させたりする企業。

ワタクシの「ブラック企業」の
イメージって、こんな風に
積極的に法律を破っていく
会社をイメージしてます。

でも、
最近の「ブラック企業」って
「給料やすい」
「休みがない」
「残業代踏み倒し」

こんなカンジで、
労使に関する諸問題で
「ブラック企業」と
言われる会社のことを
指しているケースが
多くなっていると思います。

どっちかっていうと、
労使の問題のほうが、
「ブラック企業」の
イメージとして
一般的に定着しているのかなと
思います。

これから、就職を考えた場合、
やっぱり、企業の
「ブラック」な部分の
見分け方っていうのが
気になりますよね。

ド底辺として
結構長く生きながらえてきた
ワタクシが、
就職や転職の際に
気をつけたほうがいいというか、
選択の着眼点を
述べてみたいと思います。

参考になれば幸いです。

 ブラック企業の見分け方




ブラック企業っていっても、
積極的に法律を破る法人…

たとえば、スジガネ入りの
ブラック企業…
海外で密漁して、
海外で密造して、
国内へ密輸して、
国内で無許可販売して、
おまけに脱税して、
最終的に国外に資金洗浄…
みたいな会社って、

オモテに出てきません。
基本、クリーンな転職市場や
マトモな就職市場に
求人を出してきません。

うっかり、入ってしまっても、
多分、給料いいと思いますが、
辞めることが困難です。
見分け方を探ろうものなら、
命が危ないので
単純に近寄らないのが吉。

なにがいいたいのかと
言いますと、

クリーンな求人情報源、以外は
候補から除外しましょう。


よくわからない事業内容…
よくわからないけど、給料いい…
よくわからないメディアの求人情報…
よくわからないこと、ばかりだ…

よくわからないのに、
応募してはダメなのです。


労働基準法がどうのこうのいう前に、
事業の収益構造がブラックでは
ハナシになりません。

それではですね、
次は、
「給料あがらない」
「休みが少ない」
「仕事がキツい」

こういう会社の見分け方について
迫っていこうと思います。

 安月給と長時間労働と
 サービス残業とキツい仕事




そもそも、仕事はキツいのです。
誰もが、できないから…
誰もが、やりたがらないから…
だから、それをやることが
収益になります。

これには、
いくつかパターンがあって、

誰もが、みんながやりたいけど、
誰もが、できないことは、
高収入となり、

誰もが、みんながデキるけど、
誰もが、やりたがらないことを
やらざるえないと、
低収入になります。

でも、そういう意味じゃなく、
長時間労働を強いられる…
サービス残業を強いられる…

その理由はなに?
と言われると…

単純に言っちゃうと
人手が足りないからですよね。

じゃぁ、安月給と
残業代が踏み倒される
理由ってなに?
と言われると…

単純に言っちゃうと
お金がないからですよね。



労働基準法を遵守しているとか
していないとかに関わらず、

お金がなくて、
人手がなくて、
低難易度の仕事を
している企業は
基本的に
待遇悪く安月給となります。

つまり、業績が悪くなると
労働基準法を遵守することが
できなくなり、
ブラック化するということです。

もっと、言ってしまうと、
低難易度の仕事、自体が
ブラック化しやすいのです。

なぜ?
低難易度の仕事は
利益が低いから。
低いし、安い。
ゆえに、
従業員を安く酷使しないと
会社が維持できない。

「安く酷使」が大前提の
ビジネスモデルなので、
従業員も、
「安く酷使」されないと
給料分の仕事にならない…。


技術がないから儲からない。
儲からないから払えない。
払えないから雇えない。

払えないのに
雇おうとした瞬間に
ブラック企業化するのです。


 もとからブラック企業
 いまからブラック企業
 これからブラック企業




ブラック企業っていっても
労働問題の分野…
露骨な労働搾取が発生する会社の
背景と、表だった行動を
探っていこうと思います。

元からブラック企業
っていう会社は
いくつかパターンがあって、
巧妙型と、無秩序型に
分類されるかなと思います。

巧妙型は…企業努力によって、
すでに、労働搾取する仕組みが
出来上がっている場合があります。
つまり、
雇用して、酷使して、
払わないで、解雇するという
サイクルが巧妙に機能しています。

巧妙なので、わからないのですよ。
例えば、
高い能力の従業員を
低い報酬で雇用し続けるために、
情報の遮断や、洗脳めいたこと、
教育や研修を制限したり…
などなどです。

ある程度の年齢がきて
パフォーマンスが落ちたり、
世の中の現実を知り、
不満を訴えてきたときに、
パワハラや人間関係の不和など
圧力をかけて、解雇の方向へ
巧妙に導きます。

傾向としては、
あまりにも精神論的な
意向が職場を支配している場合は
巧妙型が機能しているかも
しれません。

無秩序型は…
過労死問題とか、
未払い裁判とか、
パワハラ問題とか、
イジメ問題とか、
こういった、
明らかにマズい状況が
野放しにされている
企業ですね。

悪事に無関心というか、
士気悪く、
統率のない社風。

こういう企業は、
単純に離職率が
高い傾向があります。

いまからブラック企業
いま、まさに、
払えないのに
雇おうとしている
瞬間の企業です。

このタイプの企業は、
自覚がないです。

業績が悪く
お金がない。

しかし、まだそれほど
自覚が無い。
目立った現象もない。
つまり、
見分けるのは不可能です。

これからブラック企業
判別不能です。

でも、
「いまから」ブラック企業も
「これから」ブラック企業も

業績が悪く、
利益が少なく
人件費予算が少ない企業が
予備軍となります。

ですが、
悲しいハナシ、
ほとんどの中小零細企業
業績が悪く、
利益が少なく
人件費予算が少ない
予備軍なのです。

「給料あがらない」
「休みが少ない」
「仕事がキツい」

そんなコトって
普通なのですよ。

もし、それが
ブラック企業だというのなら、

この世にブラック企業は
乱立しているのです。

 覚悟するしかないのです




お金の面での
ブラック企業を避けたかったら、
大企業で、有名で
ホワイトな企業を選ぶしかない。

そこに選ばれるような
人材になるしかない。

でも、そんなホワイトな企業でも
従業員が、上司が、
すべて善人なワケじゃない。

大企業に行ったって、
ブラックな面に触れる可能性が
ゼロじゃない。

じゃ、大企業に行けない人たちは
どうしたら…

って、もう、
覚悟するしかないのです。

中小零細企業にいる限り、
元からブラックを回避しても、
今からブラックは判別できない。
これからブラックなんて
回避も予測も困難です。

ホワイト大企業に
在籍してない段階で、
ブラックへの接触は
覚悟するしかない。

給料をもらう立場である以上、
覚悟しなくては
ならないのです。

大事なのは
ブラック企業の
見分け方ではなく
対応の仕方。
逃げかた。
再起の仕方。

自分自身の価値が
勤める企業によって、
左右されないような
技能技術を身につけることだと
思うのです。

今現在、ブラックな企業に
お勤めだと
感じていますか?

だったら、転職だったり、
独立起業を考えましょう。

ブラックを検知した段階で
素早い行動が必要なのです。



なぜなら、
ブラック企業は、
居つづけると消耗するのです。
削られるのです。
あなたの精神が、
未来が、幸福な日常が
削り取られていきます。

あっというまに
再起不能になっちゃうんですよ。

ブラック企業の恐ろしさは、
逃げ足が早くないと、
逃げられない点にあるのです。

 ブラック企業からの逃亡
 転職…は在職中に
 決めるもの。




転職は…在職中に決めましょう。

希望する年収、
希望する条件、
見合うまで探すのです。

なぜか?
そうしないと、
また転職するハメになるからです。

現在、お勤め会社には
給与と待遇に
満足できる合意ができたので、
入社したはず
なのです。

でも、現状はきっと、
そうじゃない。
なにかしら不満を
お持ちなのでしょう。
いつしか、
どこかで、
なにかが、
ズレちゃったのです。

社会は常に変化しています。
会社も、人も、
アナタ自身も、
変化していくものなのです。
これは、誰にも止められない。

給料や待遇の不満は、
雇う側、雇われる側の

双方の勘違い、
双方の思惑のズレ、
相性のミスマッチ

…が原因であり、
どっちが悪いとか
無いんですよ。

アナタが悪いんじゃなく、
会社が悪いんじゃなく、
どっちも悪くない。

どっちも悪くないのに、
どっちが悪いか考えちゃう
から

おかしなことになる。
不満をこじらせることになる。

誰かを悪者にすること
ばっかり考えて、
単なる相性のミスマッチで
あることに、
なかなか気付かない…。

誰も悪くないんですよ。
誰が悪いか探しても、
該当者がいないのです。
要は、単なる
ミスマッチなんですね。

…そうなんです。

ミスマッチなんだから、
マッチング…
しなおせばいいんです。


つまりは、
転職マッチングサイトが
有効です。
単なる、募集情報じゃなく、
マッチングサービス
であることが
重要です。

転職を、
自分のスキルを売るという
ビジネスなんだ
考えるとき、

商売と同じ思考…

自分の求める
お客様に
選んで頂く


…という相思相愛な
関係を築かなくては
絶対に利益はでません。

転職を望む側として、
自分のスキルを
自分の希望する価格で
買ってくれる企業から
他ならぬ自分自身を
選んで頂く。

人材を望む企業として、
企業の望むスキルを
企業の望む価格で
提供している人を
探したい。

このマッチングをしてくれる
「場」
転職マッチングサイト
なんですよね。

どんどん、マッチングの場に
アピールしていくしか
ないんですよ。

マッチングが得意なサイトに、
マッチングしてほしい
「人」が、「企業」が、
大量に集まる「場」
どんどんアピール
していくしかない。

苦もなく手に入るような
ダレでも見られる募集は、
結局、ダレでもいいのです。

だって、あれらは、
「作業」ありきの募集なんです。
作業員の募集なのです。
優秀な人材を
募集しているんじゃ、
ありません。

決まった低賃金で…、
今後も上がらない低賃金で
作業する人の募集です。

「ダレでもデキる
カンタンなオシゴトです。」
…そんな募集。
だれでもいいんです。
ヘタすると、
ガイジンさんでも
読めるように、
漢字すら使ってない。

そんなんだから、
いずれ必ず、
お互いの思惑が
ズレる時が来るだけ。
だから、長続きしないんです。

結局、
決まった「作業」の枠に
人を押し込めるのが、
ダレでも見られる募集なのです。

無料でカンタンに見られる
情報なんて、
そんなものですよ。
ダレでもいいんです。

ダレでもいいから、
ダレでもカンタンに
見られるように

してるんです。

そもそも、
転職したいって、
感情は、そんな枠に
収まっているのが
苦痛になったからでしょう?

ダレでもイイんじゃなくて、
アナタだからこそ…

そんな関係でないと、
高収入にはなりません。
永続的な良い関係には
なりません。

だからこそ、
マッチングサイト
でなけれななりません。
幸か不幸かを決めるのは
単純にマッチング
されているか、
されていないか、
ココだけなんです。

自分の求める
お客様に
選んで頂く


そんな良好な関係は
カンタンに見つかる
ワケないですし、
築けるワケもありません。

じっくり時間をかけて
作り出すしかないんですよ。
マッチングは、
それなりに時間が
かかるのです。

今の会社に勤めながら、
次のキャリアを模索する。
それが普通です。

自分だけの都合で
押し売りしたって
ダメですし、

自分の求めていない
買い叩くような
お呼びでない
客を相手にしたって
ダメなんです。

自分の求める
お客様に
選んで頂く


相思相愛のチャンスは、
いつまでも待ってくれない。
過ぎ去るのも早い。
だからこそ登録はいますぐに。
その「場」も多く。
記載する内容、
開示する情報は多く。
対話も多く、長く、複数回に。

そうやっていかないと
ダメなんです。

めんどくさいですか?



幸福や利益や特権というのは
めんどくさいの向こう側に
隠れています。

鍵の開いてる宝箱には
すでに中身なんてありません。

鍵がかかっているから
中身が期待できるのです。

だから、
めんどくさいのは、
あたりまえ。
めんどくさいコトこそ、
価値が期待できるんですよ。

ダレでもいいなら、
めんどくさい…が
乗り越えられない程度の
人材でいいのなら、
募集の情報は、
ダレの目にも止まるように
してるはずなんです。

めんどくさいが、
乗り越えられない人のために、
めんどくさくないように
工夫してあるんです。
ダレでもいいって求人は
必ずそうしてある。

本当に価値ある求人情報、
優秀な人を求める求人情報には
鍵がかかっています。

必ず鍵付きなんですよ。
サイトに登録しないと
みられない情報があるって、
そんなのあたりまえ
なのです。

それが気付かない時点で、
「ダレでもいい」人材の
仲間入りです。
漢字か読めなくても
構わない程度の人材の
仲間入りです。

鍵の開いてる
中身がカラッポの宝箱を
探し回っている場合じゃ、
ないんです。

鍵がないのは、むしろ
罠かもしれません。

世の中の仕組みって、
めんどくさい…
を、参入障壁として、
上と下に
分けられちゃうんですね。
そうやって、人の資質を
試して、選別しちゃうんですよ。
それが世の中のカラクリ。

だからこそ、
めんどくさくても
お互いのマッチングに
努めないといけないのです。

そこに価値を見出さないと
いけないのです。
対話が重要なのです。
サイト選びが重要なのです。
信頼と実績のあるサイトを
選ぶことが重要なのです。

登録しないことには
始まらないのです。



今、現在、
みなさまは、なにかしらの
「プロ」ですよね。
ド素人とは、成果が違うはずです。
それが、あたりまえ。

だったら、
転職もプロに任せたほうが
成果が高い。
それが、あたりまえ。


社会人として、
利益を追求できる人材として、

成果を優先してプロに任せる…

こういう思考が
できるか
できないか
この時点で、
すでに篩(ふるい)に
かけられているのです

ですから、
プロのエージェントが
しっかり成果が出せるように
登録する側も、
しっかりとした情報開示と、
しっかりとしたストーリーを
示しましょう。

くどいようですが、
マッチングは、
めんどくさいのです。
だからこそ、
価値がある。
その道のプロが居る。

そのプロのエージェントは、
どっちかっていうと、
企業側から報酬でてますので、
登録する側の人は
お金のことは全然気にしなくて
いいです。

あなたが満足できる転職が
実現できたときに、
エージェントは企業から
報酬をもらえます。

ですから、
自分のスキルを
アピールすることだけに
専念してください。
担当エージェントとの
対話を重視してください。

 人生の…大イベント




転職は、今後のあなたの収入、
数百万円を左右する
人生の一大イベントです。

サラリーマンにとって、
マジで生きるか死ぬかの
大イベント。
社運を賭けたプレゼン…
なんかより、はるかに重要な
デキゴトなのです。
まずは、それを自覚することから
始めましょう。

だから絶対に、協力者が必要です。

ひとりで解決できたら、
全世界のみんなが
幸せな富豪になってるはずなんです。

でも、現実はそうじゃない。
実際問題、
一人で解決できないのです。



利用するべきものを
利用していかないと
たどりつけないのです。

アナタ自身は…
シアワセをつかむ権利を
もつ人間なのか、

シアワセな生活を望んでは
いけない身分なのか、

自分自身で判断しなくては
なりません。

登録しないことには
始まらないのです。

鍵を探して、開けていく必要が
あるのです。

将来の自分自身を
幸せの扉の向こう側へ
届けるために、
今、行動しなくては
いけないのです。

 絶えず次に備える




今現在、
転職を考えていないんだけど…

というヒトにも、
転職マッチングサイトを
オススメしています。

大企業にお勤めなら
転職すべきではないですが、

現在、中小零細企業にお勤めで、
転職マッチングサイトに
登録して、大企業から
給料2割増し、
ボーナス3倍とかで、
オファーがあったら
どうします?

大企業の人件費予算って、
中小企業の2倍以上
ありますからね。
必然的に生涯獲得賃金が
2倍なってあたりまえなのです。



従業員の評価の良し悪し以前に、
予算の「額」が非常識にデカイから
単純に分け前がデカイのです。
不思議でも何でもないし、
誇張でもなんでもない。

現在、中小零細企業に
お勤めで、
経営の実際をまのあたりに
しているかたは、
実感していると
思うのですが、

従業員レベルで
付加価値を上げるのって
ホントにやりにくい。

中小零細は
毎月の支払い、入金、
作業に追われて
新しいこととか、
付加価値を上げる
行動ができないんですよ。

従業員レベルでは、
ほとんどできない。
従業員への教育まで
手が回らない。

成長の鈍った企業は、
破綻するか、
どんどん給料下がるだけなんです。

そして殺伐としてくる、
人間関係が悪くなる…。

どんどん情勢は変化していくのです。

中小企業にいる限り、
終身雇用なんてありえないし、
人材も流動的に
対応していくしか
ありません。



つまり、
中小企業に勤めるということは、
同時に、
転職による流動的な労働環境の
変化が、絶対に起こるのです。
もう、セットと思っていいです。

中小企業勤務と転職は
切っても切り離せない
関係なのです。
ですから、
今、仕事が順調でも、
絶えず「次」を
模索していかなくては
いけないのです。
「大企業」に所属するチャンスを
絶えず監視しなくては
いけないのです。



なんで、転職マッチングサイトが
TVCM打ちまくっているのか
実感できると思います。

もはや、フツーのオトナにとって、
新聞よむ感覚と近いものが
あるのです。

株価や円相場をチェックする感覚で
大企業からのオファーを
チェックしているんです。

乗り遅れると、
生涯安月給で、
長時間労働で、
罵倒の飛び交う職場に
骨をうずめることになるかも
しれません…。

そんな世の中に
なっちゃってるんですよ…

平和で成熟した社会っていうのは、
こういった
些細なコトで差がつく
世の中なんです。
情報活用と情報発信で
差がつくのです。

激動とか革命とか
暴力とか反社会的な行為で
差をつけることが
できない…っていうか、
しちゃダメな社会なのです。

剣よりペン。
ペンよりスマホ。
いまの時代って
スマホが最強なのです。
その最強ツールを
自分のシアワセのために
活用できる人ですか?



工場求人ナビ

ポイントは
大企業の血脈からの仕事
福利厚生
約束が守られる

工場求人ナビさんなら
いい環境での
就労を支援してくれます。

 国税庁の調査…
 民間給料の実態調査結果




国税庁の調査結果…
民間給料の実態調査結果

って、見てます?

給料の高い人は
どういう人なのか?


給料の低い人は
どういう人なのか?

どういう業界?

っていうのが、
如実に分かる結果です。

別に、国税庁は
秘密にしてるんじゃ、
ないんですよね。

高い給料が欲しいなら
こういう人になりましょう
って、
ヒントを通り越して「答え」が
発表されてるんですよ。

標本調査結果|統計情報|国税庁

イチバン上部に…
民間給料の実態調査結果
(全データ)(PDF/4,520KB)

っていうリンクがあります。

それが最新のデータです。
多分200ページ以上の
大ボリュームに
なっていると思います。

もう、このデータを
見ると一目瞭然です。

儲かる業界、
給料高い業界、

儲からない、
正社員が
ほとんど雇えない業界

一目瞭然です。

カンタンにいうと、

資本金2000万未満の企業と
資本金10億円以上の企業では、

年収は、ほとんど倍くらい
違うし、

従業員数が多ければ
もちろん給与も高い。
要は、商売に強い。

大きな資本を抱え
大勢の従業員を抱えるほど
希少価値の高い業務を
請け負える。
参入障壁が高くなる。

例えば…
電力水道インフラは
給料1000万くらい、

金融は800万くらい

でも、
宿泊飲食は280万円
あるかないか。

進む業界で給料決まるし、
企業の規模でも決まります。

参入障壁の
高い業界は単純に高利益。
参入が容易な業界は
トコトン利益は低いのです。

宿泊飲食では、
どんなにがんばっても
正社員には、
なれないってのは
実際にデータであるんです。
飲食なんか、
店長以外は非正規ですよね。

これはすべて、
儲からないから。

宿泊飲食、介護、アパレル

なんだかんだで、
ブラックっていわれてる
業界は、根本的に
付加価値が低いのです。

もともと、
利益を産み出せない
業界なのですね。

それなのに、従事する人は
やたら多い。

つまり、一人当たりの
人件費がぶっちぎりで低い。

正社員で雇えない。
社会保険に加入させられない。
したら、手取りが10万円を
割っちゃう。

だから、長時間労働の
サービス残業しないと
事業が維持できない。

ハナっからサビ残前提。
ハナっから非正規前提なのです。

で、
なにがいいたいのかというと…

給料が高い人は、
学生のウチから、
コレ、知ってます。


給料高い人になりたかったから
給料高い業界に
いけるように
がんばっただけなのです。

給料高い人って、
給料が高い「立場」を
もともと知っていたのです。
中学生とか高校生の段階で
ある程度知ってて、
進路決めてたんですよ。

当然、非正規がダメな理由も
知ってます。
社会保険制度についても
知ってます。

学校で教えてくれなくても、
親が教えてるんですよね。

で、
給料安くて悩んでる人、
非正規で困ってる人って…

こういうコト
知らなかったでしょ?


なんとなく仕事に就いて
なんとなく続けてれば
給料上がっていくのかも?

って、思ってませんでした?

実際問題、
なんとなく、仕事選ぶと
痛い目に合うし、
なんとなく、続けてても
給料上がらないんです。

付加価値の
高い業界、低い業界
決まってるんですよね。

宿泊飲食業界で
正社員を目指したって
そもそも、なれる枠が無いし、
そんな、お金もない。

介護もそうだし、
アパレルもそうだし、
スーパーみたいな
量販店もそうです。

薄利多売な業界は、
やっぱり、薄給多数なのです。

国税庁の資料から…

正社員を雇えない、
雇うと経営が成り立たない、
そういう業界が
すぐに分かると思います。

そういう業界は
正社員になること自体、
狭き門だし、
なっても、
年収が、ものすごく低いのです。

経営の用語でいうと
「1人あたり付加価値」と言います。

だからこそ、
業界」を研究する。
「1人あたり付加価値」を調べる。

世の中」のカラクリを
見極める必要があるのです。

 ブラックって、
 どういうこと?




そもそも、
アナタの思い浮かべる
ブラックって、

どういうことですか?

短絡的になっちゃいますが

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

こういうのを
想定してますよね。

細かいこと
言っちゃうと

仮に法律を遵守していても、
会社になんの落ち度が
無くても
零細企業では、

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

…こうなっちゃうのです。

この原因は
その企業が儲かってないから。

経営の用語でいうところの
従業者一人当たりの
付加価値額

少ないからです。

この数字で
給料って、
決まっちゃうんですね。

この数字で
従業員に分け与える
給与額の限界が
決まっちゃうのです。

ですので、
ブラックなのか?
という心配は…

法律的なブラックか?
と、いうよりも、

そもそも、その会社が
従業員にそれなりの
給与を出すことができる…

儲かる業界なのか?

その業界の中で
儲かっているほうの
会社か?

そして、就く仕事の
内容が、難易度の高い
付加価値の高い仕事か?

そして、
その難易度高くて
付加価値の高い仕事を
こなせる素養が
自分にあるか?

そもそも、
応募する仕事の選別のほうが
重要なんですね。

・業界
・会社の規模
・仕事の難易度
・自分の適正

こっちを考えるべきです。

そのうえで…

ちゃんと約束が守られる

コレが重要。

約束した金額が
ちゃんと支払われることが
重要なのです。

そのためには…

大企業の血脈に属す。

そうすれば

給料が少なくて
休みが少なくて
仕事がキツい

こういうことから
遠ざかれるのです。

要は、正社員とか非正規とか
派遣とか契約社員とか、
雇用形態にこだわるよりも、

働きやすくて、
お金も良くて、
ちゃんと約束が守られる。

決められたことを
ちゃんと、こなせば、
約束が守られる。

つまりは、
遵法的にも福利厚生的にも
ちゃんとした、
作業員を派遣するシステムを持つ
しっかりとした企業であれば

作業員って働き方も
悪くないのです。

いうなれば、固い

選ぶべきは、
正社員という、
幻想的なこだわりより
もっと重要なことを
条件にすべきでしょう。



工場求人ナビ

工場求人ナビさんの
すばらしいところ
やっぱり、福利厚生ですね。

福利厚生を充実させるというのは
どういう方向性を目指した
企業なのかってことを
考えてみるといいかもですね。

そして、
直接的でも、間接的でも、
大企業の血脈に属す。
これが、大事なんですね。

 儲かる業界と
 儲かってる会社と
 一人当たり付加価値と




結論から言ってしまうと

製造業の大企業に関連する
仕事に就業すれば
いいのです。

なぜか?

製造業って
付加価値が高い業界なんです。

他に高い業界ってなに?
電気ガス水道のようなインフラと
金融関係…。

逆に儲からない業界ってなに?
ぶっちぎりで
一人当たり付加価値が
低い業界は…
宿泊・飲食です。

これは、
「業界別 一人当たり 付加価値」
でGoogle検索してもらえば
一目瞭然で、

製造業って、
小売とか飲食より
全然、付加価値が高いのです。

そこそこ名の知れた
大企業だと、
製造業の付加価値は
飲食の2.5倍くらいですかね。
それどころか、もっとあります。

ここで平成27年度の
国税庁の平均年収調査結果の
データに登場
してもらうと…

電気ガス水道:715万円
金融保険:639万円
情報通信:575万円
製造業:490万円
建設業:468万円

不動産:424万円
運輸郵便:414万円
医療福祉:388万円
卸売小売:358万円
サービス業:345万円
宿泊飲食:236万円



つまりですね…

飲食店で
どんなに頑張っても、

工場系とか製造業の労働者の
半分くらいしか
給料もらえないんです。

現実的に、社会の構造上
そうなんですね。
個人の能力よりも
属する組織で決まるのです。

一人当たりの付加価値額で
渡せる給与の額の限界が
決まっちゃうのです。
それ以上は、どうやっても
渡せない。
お金ないですもん。

だから、
飲食業界って、
非正規とか、バイトが
78%です。
(平成24年しらべ)
それは、業界特有の問題で、
付加価値額が低くて
そもそも、正社員で
雇用できないのです。
そして、高い給料が渡せない。
厚生年金に加入できない。

もちろん、
製造業も非正規率は
高いですけど、
実際は25%程度。
(平成24年しらべ)

飲食とか介護とか
付加価値が低いという
業界固有の問題と比較すれば

製造業って、
すっごい、高待遇なのです。

飲食業界から製造業に
転職するだけで
給料5万円以上、ポンと
増えますからね。

これが現実。
すべては
その業界、その会社の
一人当たり付加価値が
高いからなんです。

渡せる額が単純に多いのです。

製造業って、大資本と
多額の設備投資が必要な
業界なので、
そもそも、参入障壁が高く、
儲かっている会社は
そのまま、順調に
儲け続けるのです。

ここまでくると、

製造業の
それでいて大企業の
血脈に属せ!


…という意味を
ご理解頂けると思います。

多額の分け前が
欲しいなら、
コレしかないんですよ。
はじめから分け前の多い
業界に行けばいい。
一人当たりの付加価値額が
大きい製造業という
ジャンルを選択すれば
いいだけなんですよ。

いいだけなんですけど、
結構、このことを
知らない人が多い。

そもそも、
一人当たり付加価値
っていう基準を
知らない人もいるっていう有様。

それじゃ、
ブラックな業界に
ブラックって知らずに
行っちゃうことになりますよね。

でも、
一人当たり付加価値っていう
コトバを知ってて、
それでいて、
その意味を知る人は
進むべき道を誤らないんです。

だって、数字で見えてて
チョット調べれば誰だって
知ることができる…。
調べたか?否か?
単に、その差。

個人の能力が
高いとか低いとか
関係ない。
シゴトが出来る
できないとか関係ない。
器量がいいとか
悪いとか関係ない。

進むべき道を
見誤らないための
基準を知っているか?
知らないか?
…その差なんですね。


先にも述べましたが、

・業界
・会社の規模
・仕事の難易度
・自分の適正

これらが重要なのです。

あとは、そう…

自分の適正。

それらを、
事前に相談できるのが…



工場求人ナビ

以上が、
工場求人ナビさんを
おすすめする理由となります。

付加価値の低い業界ではなく、

付加価値の高い業界で
儲かっている大企業の
系統で働く…

だから、
法令は遵守されるし、
約束が果たされるのです。
それだけの余裕がある。
そして分け前も多い。

なぜ?

それは、
一人当たり付加価値が
充分に高いから。


製造業の
従業者一人当たりの
付加価値額が

飲食・宿泊・介護・小売
…などより、
はるかに高いのです。
酷なコトいうと、倍くらい…

能力が同じなら
飲食業界より製造業のほうが
給料が何割も高いのです。
っていうか、
ぜんっぜん違います。

もちろん、製造業の
中にでも、
付加価値の高い業界と
低い業界があります。

高いのは、
自動車関連、金属加工など。
素材的に固いモノ。
電気電子機械などの
テクニカルなもの。

逆に低いのは
食品製造、衣類製造など。
素材的に柔らかいモノ。

つまり、
給料が高いオシゴトって
ある程度「決まっている」のです。

個人の能力とかより、
属する業界と
属する会社と
従事する仕事の
数字の問題なんですよ。

付加価値が低い業界は
正社員であっても
ブラックで、

付加価値の高い業界は
正社員じゃなくても
ホワイトなんです…。

これが、現実。

だからこそ、
製造業専門の人材サイト
おすすめしているのです。



工場求人ナビ

どうして、
工場求人ナビさんは
待遇や、福利厚生がいいのか?

それは、
製造業専門だから。
付加価値が高い製造業を
専門としているから。


逆に、
付加価値の低い飲食などを扱うと
コレができないんです。

ブラックがイヤなら、
ブラックにならない
業界を選べばいいだけなんです。

ブラックな業界って、
経営陣が悪いとか、
経営陣がケチとか、

そうじゃないんです。

難易度が低く
参入障壁が低いから
価格競争になってるだけ。

価格競争とは何か?
人件費の安さの競争。
つまり、
給料の買い叩き戦争。

それと、
一般大衆が、その業界に
お金を落とさないだけ。

一般大衆からの評価が低いのです。
価値を感じてくれていない。
つまり、
その業界の存在価値が低い。

ブラックな業界、
ブラックな会社っていうのは
給料の買い叩き戦争
一般大衆からの低評価との、
ダブルパンチなんですね。

そのことを
経営陣は重々承知だけど、
従業員は理解できてないだけ。
このすれ違いこそが
ブラック問題なのです。
だけど、本質的には
付加価値の低い業界は
ブラック気味になるのは
火を見るより明らかなんですよ…。


だからこそ、
構造上、
ブラックとは縁遠い、
製造業専門の人材サイト
おすすめしているのです。



工場求人ナビ


そして、
一人暮らしの生活が
苦しい貧乏から、

せめて、
まともな一人暮らし
できる程度の貧乏へ…

その答えは
国税庁の調査結果と、
業界別の
一人当たり付加価値
深く調査することで
見つけられます。

若干、重複内容となりますが…

絶対に年収300万円「以下」に
ならない転職方法


も、合わせてお読み頂けると
納得して頂けると思います。