使

 節約したい?…なら、
 使い捨て生活




出費を節約したい…
時間を節約したい…
手間を減らしたい…

結論から言いますと…
すべて、使い捨て「用品」で
実現できます。

使い捨て生活…始めましょう。

目的は、なにか?

口座の残高を
増やすことです。


使い捨ての
出費を惜しまないことで
口座の残高を増やすことが
狙いなのです。

 使い捨て…って、
 イメージ悪い?




使い捨てって、
あんまりイメージ良くないですよね。

派遣社員の…使い捨て。
アイドルの…使い捨て。

なんていうか、
非情?愛着の薄い?
そんなイメージがありますが…

でも、
使い捨て…コンタクト
使い捨て…紙マスク

すでに、衛生面とか機能面で
定着しているのもあります。

割り箸とか、
爪楊枝とか、
ティッシュとか、
「使い捨て」って付かなくても
元々が使い捨てって、
モノもあります。
そして、爪楊枝って、
そんなに悪いイメージは
ありません…。

なにが、
イメージ悪いのかっていったら、
「捨て」の部分ですよね。

役割を果たしたら…終わり
ってことは、それほど
悪いイメージではないのですけど、

「捨てる」ってトコロ…
後始末の部分なんですよ。

割り箸とか、爪楊枝とか
紙マスクとか、
使い捨てコンタクトとか

燃えるゴミで簡単に
処分できますよね。

そこに、「めんどくさい」とか
「罪悪感」って生まれない。

なぜか?

それが、
「再利用できない」
「再利用しないほうが衛生的」
「再利用しないほうが効率的」

これらのことが
周知されたいたり、
完全に認識されているから
なんですよね。

使い捨て…ほにゃらら。

再利用とか、後始末、
つまり、使った「後」の
部分を想像したりすることで、

使い捨て…ほにゃらら

…の、イメージが
悪いのか、良いのか、
決まるんだと思います。

なにがいいたいのか
と、言いますと…

もし、それが、
再利用しないほうがいい
…ならば、使い捨てを
選択してもいいんじゃないか
ってことなんです。

家賃3万円以下賃貸情報
楽天不動産


 一人暮らしの強み
 再利用しないほうがいい
 使い捨てのほうがいい




再利用しないほうがいい…

使い捨てのほうがいい…

「費用」対「効果」なんですよ。

再利用ってこと…
たとえば…
トイレットペーパーとか、
ティッシュ…。
使って、汚れたものを、
洗って再利用…なんて、できないです。
そもそも水に溶けちゃうし…
再利用するんだとしたら、
とんでもない費用と
技術が必要ですね。

次に…たとえば、
雑巾とか、ふきん。
これなら、洗って、乾かして
また使えそうですね。

他には…たとえば、
食器。
セトモノやガラスなら
洗って、乾かして
また使いますよね。
でも、コンビニ弁当の容器とか
洗って、乾かして
使うって、無いですよね。



再利用するにあたって、
「費用」の部分、
オカネだったり、
人件費だったり、
設備だったり、
洗剤薬品などの消耗品だったり、
なにかしら費用が発生します。

では、再利用しない…
つまり、使い捨てにして
新規に購入する費用…

たとえば、
トイレットぺーパー
ティッシュ
ふきん
ガラスの食器

それぞれ価格ってありますよね。

新規購入の価格と
再利用の費用


どっちがオトクなの?
って判断で選んでます。


それでは、次。

使い捨てのほうがいい…
…の部分です。
「効果」の部分です。

再利用の費用が高いか?安いか?
だけが「効果」じゃないんです。

使い捨てを選択することによる
ヒトが受ける恩恵、経済的効果です。

たとえば…
ワタクシの場合なんですけど、

食器は、ほとんど使い捨てです。
紙皿だったり、割り箸だったり、
プラのスプーンとか
フォークなどです。

食器を使い捨てにすると、
たしかに、ゴミの量は増えます。
食器の費用もかかります。
だいたい1ヶ月
500円くらいですかね。

でも、
食器を使い捨てにすることにより、

手間と時間が節約できます。
1日20分として、
1ヶ月で10時間です。

そして、食器を洗うために必要なコト、
水、お湯、洗剤、スポンジの
消耗が無くなります。
そして、流し台は汚れない。
排水口も汚れない。
それらの清掃時間も必要ありません。
手も荒れません。



ワタクシは、
チョットの燃えるゴミ増量、
それと500円の出費を引換に、
10時間の時間+αを捻出してます。

ワタクシは、捻出した時間を
休養だったり、就労時間だったり、
自分への投資だったり、
収益プラスのためにあてています。

ぶっちゃけたハナシ、
ワタクシは、
食器を使い捨てにすることで
単純に収入が増えました。

「業務用 紙皿」を
楽天で検索


もちろん、食器「だけ」の
ハナシではありません。

なにがいいたいのかと
いいますと、

イメージや先入観だけで、
使い捨てを否定するのは
良くないですよ。


ってことです。

再利用しない…決断。
使い捨てる…決断。
それによって、
口座の残高が増えていきますよ。

もちろん、これは
一人暮らしだから
という面が強いです。

集団で暮らしたほうが、
単価が下がるのはあたりまえ。
一人暮らしが節約しにくいのは
あたりまえなのです。

では、
一人暮らしの強みってなに?

それは、
自分勝手に振る舞える、
行動と時間
でしょ?

だったら、その時間を生みだし
換金行動をすればいい。

そうすると
勝手に口座の残高増えていきますよ。

強みを捻出する
使い捨て生活




そして、
面倒な掃除を快適に。

一人暮らしの
掃除術をご提案。

ズボラなひとは
「洗って再利用」とか
できないんです。

汚れたものを洗って
「衛生的に」
再利用って大変なんです。

使い捨てなら簡単で、
誰でも衛生的に運用できます。

実は使い捨て戦術って、
それほどコストも高くない。

続きは…
貧乏は…
掃除が面倒くさい


 おトクな方を選択するだけ
 …だけど、
 価格比較は無意味




先ほどの、
紙食器のハナシに戻るのですけど、

ワタクシの場合、

第一に…
500円の出費を
惜しまないことで、
10時間の時間を捻出し、
労働によって換金すること。
惜しまないことで、換金。



第二に…
500円の出費を
惜しんで、
10時間分の家事に従事し、
無給の労働を行うこと。
惜しんで、無給労働。



第一と、第二…、

惜しまないことで、
お金を得ること。

惜しんで、
無給の労働をすること。

どっちがいいの?
って、考えて…

紙食器使い捨てを
選びました。

だって、そっちのほうが、
口座のお金が増えるのですよ。
ざっと、1万円くらいの
収入機会が得られるのです。

私は、
1万円を得る労働をするために、
500円払ったんです。

1万円の利益の権利を、
500円で、買ったのです。

つまり、利益って、
「払った」その後に得られるんです。

もっと言うと、
利益って、買うんです。



口座の預金が増えていくヒトって、
こんなカンジで、

どうしたら
お金が増えるのか?
どうしたら
お金がたくさん残るのか?
ナニを買ったら、
お金が増やせるのか?
ナニに払ったら、
自分の価値が高まるのか?

コレを考えているんですね。

目前の…
払いたくない…
無料のほうがいい…
安いほうがいい…

って、基準をハナっから
持ち合わせてなくて、

それ買うことで、
それを使うことで、

自分のオカネが増えるのか?
自分の資産価値が高まるのか?

コレが判断規準なんです。

ですから、
モノを買うときに、
それが、相場と比較して
高いのか安いのかなんて
気にしないんですよね。

高かろうが、
安かろうが、
自分のオカネが増えるなら
ぜんぜんOK。

そこに価格の相場なんて
関係ない。
判断規準の項目に
含まれていない。
自分のお金が増えることが
判断の規準なのです。

それを比較して
あっちが高いとか、
こっちが安いとか、
検討しながら
立ち止まっているよりも、

さっさと買って、
自分の利益を増やして…
っていうサイクルを、
5回転、10回転と
ガンガン回していくだけなのです。

500円払って、
1万円の利益を買って、

得た1万円で、
10万円の利益を買って、

得た10万円で、
100万円の利益を買って、

いやらしいハナシ、
こんなカンジで、ガンガンと
資金を回していくんですね。



比較検討している
時間がもったいなさ過ぎるし、
比較検討なんて
しなくていいのです。

そんなことに時間を割くくらいなら
1回転でも多く利益のサイクルを
回した方がいい。
1箇所でも多く利益のポイントを
増やしたほうがいい。

ですので、
オトクの規準を
間違えないようにすべきです。

入り口の出費で
安いか、高いかで
判断するのではなく

出口の残高が
多くなるのか、少なくなるのかで
判断しましょう。

重ねて言いますが、
出費が少なく済むのか?
…のではなく、
資産が多くなるのか?
…です。

だから、
財布の出費を削減したって
口座の残高増えないのです。

「オトク」の概念を
間違ってしまっているのです。
見失っているのです。

しないコトを目指すんじゃなくて、
するコトを目指さないと
ダメなのです。
損得勘定が上手にならないと
ダメなのです。

相場より高い価格で
買ってしまっても、
利益がでれば、それでOK。
利益が出てるんだから、
損ではない。むしろ得。

相場と比較して
高いか安いか比較しながら
立ち止まったまんまでは
いつまで経っても、利益ゼロ。

買って利益出す人、
利益を出し続ける人と、

立ち止まってて、
いつまで経っても
利益ゼロの人で、

どっちが損で、
どっちが得なのかって、
ことなのです。



損しない…は、結局、
損しないだけで、
得には、なりえないのです。

損しないことを
考えつづけることが
そもそも、大損なのです。
大敗の敗因なのです。
没落の始まりなのです。

「損」して「得」とれば
それは、「得」なのです。
「得」する、手段があるか?
行動を速やかにとれるか?
利益を生み出せる知恵があるのか?
自分自身に、その価値があるのか?
…って、ことのほうが、
はるかに重要なのです。

 それでも安いほうを
 探すワケ




出費が少なく済むのか?
…のではなく、
資産が多くなるのか?

わかっちゃいるけど、
ワタクシのような貧乏は、

どうしても、
安いほうを探してしまう。

なぜなのか?

それは、ワタクシたちは
労働者階級だからです。

大きな資産を
持ってはいけない
階級だからです。

だから、
資産が多くなるような思考は
持たせないようにして、
不毛な比較検討を繰り返す思考を
植え付けられているからです。

個人で、自分自身で
利益のサイクルを
持ち合わせていない。

雇用され、酷使されることで
初めて、価値が付く。
会社に勤めることしか
収入を得る手段がないから。
そういう生き方を
強制されているから…。



つまり、
自分自身のビジネスを
持ち合わせないから
安いほうを
探さぜるえないのです。

安いほうを
探し回るような人間は、
実は、
会社から、
世の中から、
社会から、
使い捨てにされる人材として
都合がいいのです。



ワタクシってば、
会社にとっては、
「紙の食器」と一緒なのです。
恐ろしいことに、
これに該当するのは、
ワタクシだけでは
ないはず
です。

でも…、これって、
別にワタクシたちが悪いワケでは
ないのですよ。
もちろん、勤めている会社が
悪いワケでもないんです。

なんていうか、
社会の仕組みというか、
世の中のカラクリというか、
身分制度の問題なのです。

そのカラクリを
以下の記事に記しました。
口座の残高が増える
強烈なヒントになると思います。
目が覚めると思いますよ。



わざわざ、
搾取されることを選んでいた
…に過ぎないことに。
わざわざ、自分自身で、
その立場を選んでいたってことに。

【 次は… 】
貧乏と給料…
世の中、みんな安月給
知ってますよね?
僕達の給料が安いワケ