掃除が面倒くさいときは?




結論からいうと、道具の問題。

掃除自体が面倒くさいのではなく、

掃除とか、雑巾とか、
掃除道具の準備と後片付け
面倒くさいんです。


そして、
面倒な掃除を快適に。

嘘です。
掃除が快適だなんて
ありえません。

でも…掃除していない空間が
快適だなんてコトもありません。

快適に暮らすためには掃除が必須。
でも「めんどくさくて」
継続できない。

私は、継続のために
ある程度の出費を
覚悟しています。

出費を許容するには
理由が必要ですよね。

私は以下のように考えて
自分を納得させてます。

自室が汚くて
快適さに欠けると、
外で散財して
過ごすようになる。



でも、
散財はイヤだから
自室で快適に過ごしたい。

ならば掃除が
継続できるような
工夫をしなくてはなりません。

工夫とは、すなわち道具

道具のコストのほうが、
外での散財額より少なければ、
コレって節約だよね。

こう考えることで、
ある程度のコストを
許容することができ、

ラクチンな掃除方法を
罪悪感を感じることなく
選択することができます。

こういうことはですね、
やっぱり、本気で、マジで、
徹底して、取り組まないと
中途半端になってしまいます。

面倒くさいを本気で排除する。
その原因を根幹から排除する。

ちゃんと考えて、
ちゃんと実行して、
ちゃんと検証して、
ちゃんと改善して、

ガチで取り組まないと
ダメなんです。

では、ガチで取り組んだ、
ワタクシ流1K一人暮らしの
掃除術をご提案します。

 掃除機はいらない




掃除機はいらないと思います。

なぜか?
掃除機かけるの
「めんどくさい」ので
やらないです。

やらないなら、いらないよね。
ってハナシです。

そこで、なんで掃除機が
「めんどくさい」のか
自己分析したところ…

・音がうるさい
・排気・排熱がイヤ
・ゴミパック交換が手間
・コンセントに挿すのが面倒
・取り回しが不便

…もう全否定です。

そこで、
ワタクシ気づきました。

掃除というより
掃除機がイヤなんだと。

掃除が便利であるはずの掃除機が
1K部屋では
オーバースペックなんだという
衝撃的事実に
気づいてしまいました。

…ですので、
先に述べました
掃除機がもたらす
「めんどくさい」要因が
無い道具を探しました。

音がうるさくなくて…
排気排熱がなくて…
消耗品交換がカンタンで…
コンセントに挿す必要がなくて…
取り回しがラクチン…

結果…

クイックルワイパー
「クイックルワイパー」を
楽天で検索


コロコロクリーナー
「コロコロクリーナー」を
楽天で検索


効果はテキメンでした。
これらの道具に替えたら、
ワタクシ、掃除できました。

ちゃんと毎日3分間くらいは
掃除できるんです。

掃除に対する
めんどくささが
99%減少しました。

シート類が使い捨て
ってのがよい。



ワタクシ、
もうひと工夫してまして、
香り付きなフロア用
ウェットシートを利用してます。

コレなら気分的にも
掃除が捗りますし、
掃除開始前の嫌悪感も
カナリ薄まります。

爽やかな香りで
掃除後の達成感も刺激されます。

「ウェットシート 香り」を
楽天で検索


掃除に関しては
使い捨てシート類が
不経済と思わないこと。

ズボラなひとは
洗って再利用」とか
できないんです。

汚れたものを洗って
「衛生的に」再利用って
大変なんです。

使い捨てなら簡単で、
誰でも衛生的に運用できます。

汚部屋脱却からの一歩は
高頻度の掃除から
始めましょう。

クイックルワイパーや
コロコロなら
音が出ないので
夜間でもできます。

寝る前の1分間を
掃除にあてるだけで、
結構部屋はキレイに保てます。

ちなみに、
ウェットシートや
コロコロの
スペアシートは

バカ正直に
純正品を買う必要は
ありませんよ。



100均ショップや
イオンのプライベートブランド品で
充分です。

もっとシンプルに、
もっと節約したいって
言うのなら、

100均の、
フローリング
ウェットシート「だけ
っていうのが、オススメです。
これで、直接、手でフキ掃除。

100円で30枚くらい
入ってますし、
厚手で使いやすいです。

これを、雑巾代わりに
ガンガン使って
ガンガン捨てていくのが
イチバン、ラクチンでしょう。
とにかく、惜しみなく
ガンガン使います。

2時間連続でフキ掃除したって、
30枚全部は使いきれませんし、
1Kの狭さだったら、
使いきる前に掃除完了しちゃう。
たった、100円の使い捨てシートで、
「もうやるとこない」くらいに
部屋じゅうキレイになっちゃいます。

床、家電、収納、窓、窓枠、壁、
電子レンジ、冷蔵庫、シンク、
ほこりが積もるトコロは
全部、コレだけでOK。

ウェットなので
ホコリが舞わないし、
こびりついた汚れも
カンタンにとれる。
音もでないから、いつでもできる。
気が向いたときに、すぐできる。
手でやるからこそ、意外と
キレイになります。

使い捨てだから、ラク。
雑巾みたいに、洗って、絞って
みたいな工程が無いから、
とにかく短時間で終わる。
「めんどくさい」が、
完全消滅します。

後述のラテックス手袋を
使えば、手もぜんぜん荒れない。

正直言って、ワイパーも、
コロコロも、いらないっていえば
いらないかも。

ワイパーのシートを取り替えるもの
めんどくさい。
コロコロのシートめくるもの
めんどくさい。
掃除道具を置くスペースさえ
もったいない。

…っていう極度のズボラさんでも、
ウェットシート「だけ」で
部屋をキレイに保つことが
比較的カンタンにできちゃいます。


 キッチンは
 ウェットシートと
 カビキラー




キッチンまわりも、
床掃除用と兼用でもいいので
ウェットシートがおすすめ。

香り付きのシートだと
仕上がりも爽やかです。

ズボラさんが
雑巾やふきんを
衛生的に運用できるわけ
ありません。

ふきんって、
洗濯して
干さなきゃいけないんですから、
めんどくさいこと
この上なしです。

雑菌増殖させて
体調悪くするのがオチです。

使い捨て除菌アルコール
ウェットシートのほうが断然に衛生的。

「ウェットシート 香り」を
楽天で検索


あとは定期的に
排水口にパイプユニッシュや
カビキラーを吹きかけて
数分放置後、
水で流すってコトを

3日に1回くらいしておけばOK。
イヤな臭いが軽減されます。

「カビキラー」を
楽天で検索


「パイプユニッシュ」を
楽天で検索


ちなみに、
このような塩素系洗剤も
バカ正直に
純正品を
買う必要はありませんよ。

100均ショップや
イオンのプライベートブランド品で
充分です。

排水口ですが、
熱湯禁止です。

油が溶けたり、
殺菌できたりして
いいじゃないって思っても
絶対にやっちゃいけません。

っていいますのは、
排水ホースや排水管などが
熱に弱いからです。

排水ホースなどの
継目の接着剤が
熱に耐えきれずに剥離して、
そこから排水が漏れ出します。

大損害を引き起こしますので
やっちゃダメです。



ペヤングなどの
ヤキソバのお湯も
捨てるときは水を流しながら
温度を下げて排水してください。

排水管はパイプユニッシュなどを
定期的に流して維持しましょう。

ですので、パイプ清掃薬剤は
生活するうえで
どうしても必要なモノって
ことになります。

 ユニットバスも
 カビキラー




浴槽&シャワー&
洗面台&洋式トイレが
一室にセットになった
3点UBが1K賃貸の主流です。

バストイレ別というのが
人気ですが
家賃が高くなりがちなので、
貧乏さんは基本的に
3点UBの物件を
選択していると思いますが…

こいつの掃除にも
カビキラーが
活躍してくれます。

浴槽にはサラっと洗ったあと、
カビキラー噴霧で
10分放置後に
水で流すってことを
しておけば、
黒いカビは
まったく発生しません。

これは洗面台や
トイレも同様です。
カビキラー最強伝説。

「カビキラー」を
楽天で検索


トイレに便座カバーとか
つけなければ
毎回使用後にシャワーで
水をぶっかけておけば
コマメに掃除する
必要はありません。

とにかく3点UBは
トイレを衛生的に保つのが
ラクなのです。

3点UBは
バストイレ別の物件より
人気がないけど
掃除が簡単なので
ズボラさんには向いていると
思いますけどね。

貧乏なら浴槽に
お湯を張るのもやめましょう。

サラっとシャワーで
済ませるほうが経済的です。

シャワーのみで
入浴時間を
1日10分間程度で抑えれば、
浴槽にお湯張るより
水光熱費用が1ヶ月で
2000円以上は差が出ます。

風呂に浸かりたいなら、
浮いたお金で月に1回、
日帰り温泉や
スーパー銭湯に通ったほうが
圧倒的に満足度が高いです。



「日帰り温泉&スーパー銭湯」を
楽天で検索



ところで、
3点UBのシャワーカーテンって、
使っているヒトいます?

ワタクシは使ってないです。
即、撤去。
カビるし、いらない。

ワタクシの周りでも、
7人ほどに聞いてみましたが
使っている人は
一人もいませんでした。

その後…
8人めで一人いました。
なんと、
おしゃれ目的だそうです。
なるほどって思いました。

たしかに、華やかになりますね。


「シャワーカーテン おしゃれ」を
楽天で検索



 ラテックス手袋…
 使い捨てゴム手袋




塩素系の洗剤が
手につくのが
イヤという場合に
オススメなのが
ラテックスグローブ。
掃除することに抵抗が薄れます。

割と伸縮自在な
使い捨てのゴム手袋です。

お医者さんの手術シーンを
思い起こしてもらうと
わかりやすいかと思います。

実際のお医者さんは
医療用を
使っているんですけどね。

ラテックス手袋の類似品として
「ニトリル手袋」がありますが、
使う側としては、
ほとんど同じ商品。

ニトリルのほうが、
油に強いです。
日常使いに限定すると、
素材として一段上。

ラテックスアレルギーのヒトにも
代替として使えます。
使用感は、ほぼいっしょです。
値段はチョットだけ、
ニトリルほうが高い
…かもしれない程度です。

「ラテックス手袋」を
楽天で検索


ラテックスゴムなので、
そこそこ水仕事でも
滑りにくいです。

冬場の皿洗いでも
手のアカギレ防止に重宝します。
白手袋はめて、
さらにその上に
ラテックスグローブはめれば
冬の水仕事も冷たくないですし、
手荒れゼロ。

「白手袋」を
楽天で検索


なによりラテックス手袋は
使い捨てなので、
どんなにズボラな人でも
衛生的に運用できます。

お風呂場の排水口の
デロデロになった髪の毛も
この手袋はめて掃除すれば、
キタナイ作業への抵抗も薄れます。

デロデロヘドロ状のゴミも
この手袋でつかんで、
握って絞って、
握ったまま手袋を
裏返しするように剥がして、

ゴミをそのまま手袋に
閉じ込めるようにすれば、
別途ゴミ袋もいらずに、
捨てられます。

掃除に限ったハナシではなく、
機械いじり、ガーデニング、
町内会の草刈り、髪染め、
などなど大活躍してくれます。

ワタクシはもう、
ラテックス手袋なしの生活は
考えられない状態です。

 食器洗いについて
 考える




食器洗いは好きですか?

ワタシは
キライなんですよね。

ラテックス手袋使うので、
油汚れとか、手荒れとか、
そういう面での抵抗って
ないんですが、

やっぱり腰が痛くなるし、
肩も腕も、
どうしても
痛くなってしまうのです。

それに、
とにかく時間がかかる。

お皿の油汚れとかは、
まずキッチンペーパーとか、
ティッシュで
フキフキしてから
洗うんですけど、

それでも、多少は、
油汚れを流すから、
シンクや排水口に
汚れが堆積します。

食器洗いをすることで、
他の作業が発生してしまうのです。
その作業時間も
別途で発生します。

自分の時間を
カナリ浪費させる原因は
食器洗いにあると
考えています。

…っていうような、
理不尽な思考に陥るくらいに
「食器洗い」が
キライなんですよね。

で、唐突ですが、
食器洗いと、
朝のゴミ出しの
どちらがラクな家事ですか?

ワタシは断然、
朝のゴミ出しのほうがラクです。

正直言って、
ゴミ出し作業が
倍になっても構わないから、
食器洗いをナシにしたい。

それくらい食器洗いという
家事がキライなんです。

そこでワタシも考えました。
ゴミ出しが増えて、
食器洗いが減る方法

「洗って再利用」をやめて
簡素で衛生的に運用する方法…
つまり、
使い捨て食器。
紙皿や紙コップです。

たしかにエコロジーじゃない。
エコノミーでもない。

でも、
紙皿・紙コップ・割り箸を使って、
1日あたりの
「食器洗い+シンク清掃+排水口清掃」の
時間を20分間短縮したとして、
30日で10時間。

その10時間を別のこと、
例えば
本業に当てることができれば、
手取りで1万円にはなるでしょう。

1500円もあれば、
っていうか、
500円もあれば、

1ヶ月の紙食器代は
余裕で、まかなえますので、
コレって家計にとっては
プラスじゃないですかね。

もちろん、
すべてを使い捨て食器に
することは
不可能だと思います。

でも、
「食器洗い+シンク清掃+排水口清掃」
…の労力と所要時間を
短縮できるような使い方、

例えば
油汚れの強いものだけに
使うとかすれば
いいんじゃないでしょうか。

使い捨て食器の調達方法

いろいろありますが、
スーパーマーケット、
100均、
専門店、
専門店通販などですね。

性能と消費量と単価が
ポイントになると思います。

基本的にスーパーや100均にある
「紙コップ・紙皿」は、
電子レンジとアルコールが
NGという性能が
主流だと思います。

表面の
ポリコーティングの性能の都合です。
耐熱が110度なので、
コーティング表面が
剥離してしまうのです。

熱湯まではOKだけど、
それよりもチョットだけ
温度が上がる可能性がある
電子レンジは
やめてねというカンジです。

ですが、
このコーティングは人体に
影響ない物質なので、
食品用途で日本製ならば、
それほど神経質になる
必要はないと思います。

プラスチックや樹脂素材で
電子レンジOKのモノもありますが、
チョットお値段張りますね。

露天商でビールを紙コップで
提供していることもありますが、

アレはビールのような
飲用アルコールなら
短時間なら耐えられる性能のモノで
チョット割高なんです。

プラスチック素材ですと、
アルコールはOKだけど、
熱いものはダメとか、

用途によって
使い捨て食器の性能も
いろいろあります。

じゃ、紙で、単価が安くて、
電子レンジOKの
性能をもつ紙食器があるの?

…といいますと、
専門店に行けばあります。
大量一括なら単価も安いです。

紙にこだわらなくても、
たとえばプラスチックとか、
耐熱パルプとか、
使い捨て食器って
いろいろあるんです。

専門店って
どこにあるんだよって
ハナシですが、

フツーは周辺にないので、
楽天内の業務用専門店を
使うというのが一般的です。

「紙皿 電子レンジ対応」を
楽天で検索


「紙コップ」を
楽天で検索


「業務用 紙皿」を
楽天で検索


「業務用 使い捨て フォーク」を
楽天で検索


用途によって、
いろんな形状やサイズ、
耐熱性能があるんですよね。

業務用なら、
一括購入で
ほとんど1個あたり
5円程度になります。

ホテルや飲食店向けの、
消耗品専門店を、
気軽に個人で使えるというのも、
通販の魅力です。

 ホコリの根幹を断つ




流し台をキレイに保つために、
ワタクシは、使い捨て食器を
使ってます。
自炊そのものも、
あまりやりません。

汚れる原因を
少なくしているんですよね。

同様に、実は、ホコリも
少なくしようと思ったんですよ。

ま、実験ですよね。

ホコリは何が原因で
発生しているのかというと…

布と、紙です。

1Kの部屋の中でいうと、

衣類
布団
カーテン
紙製品

…でも、生活必需品ですよね。

これらの、「量」を減らせって、
なかなかできない。

で、ワタクシの試行錯誤で
イチバン効果があって、
ラクチンだったのが…

ノンダスト素材の…

「布団」でした。

これは、目に見えて効果が
ありました。
たしかに、ホコリが減りました。

それに、ノンダストって、
同時に、防臭、抗菌、防ダニ、速乾で
衛生的にして
ボリュームあるのに、軽い。
しかも、それなのに、
化学繊維だからか、「安い

安いのに、快適なんです。
年々、性能が上がってますので、
引越しの際に、買い換えるってのが、
いいと思います。

ワタクシは、布団は消耗品だと
考えるようになりました。
布団はダニごと捨てる。
そして、新しい布団、
新しい快適、新しい技術を
買い換えることで取り入れる。

もったいないと思いますか?
ワタクシは、
新しい技術と快適を体験できない
ままで生きることこそ、
もったいないと思いますね。


「ノンダスト 布団」を
楽天で検索



じゃぁ、衣類はどうなのか?

綿素材より、
できるだけ化学繊維を選んで
みましたが…
効果は、少なかったですね。

結局、着ることで磨り減って、
ホコリが舞うので、
それほど差はなかった…。

でも、化繊に替えることで、
意外な効果があって、
速乾、防臭、抗菌な素材のおかげで、
ワタクシは洗濯機を
手放せましたけどね。

化繊に替えることで、
速乾の恩恵が大きく、
保有する衣類の量が
カナリ減りました。
必要な収納スペースも
カナリ減りました。

タオルも同様で、
抗菌速乾タイプに替えることで
保有量を半分にできました。
バスタオルをやめて、
フェイスタオルにすることで
布の量を減らせるし、
洗濯もラクチンです。

タオルに関しては
ホコリの量は、見える結果が
出たと感じてます。


「速乾 タオル」を
楽天で検索



…って、ことで、
布団を替えてしまうのは
かなり、オススメです。



「ノンダスト 布団」を
楽天で検索



あとは、カーテンですが、
1Kだと、南面にあるだけで、
絶対量が少ないので
効果は感じられません。

あとは、紙…ですけど、
ワタクシ、ウェットシートを
ガンガン使いますが、
結局、ウェットであったので
これは、ホコリの飛散は
なかったですね。

効果があったのは
ダンボールの撤去。


古新聞や雑誌も
徹底的に捨てましょう。

ダンボール素材の収納箱も
やめたほうがいい。

通販のダンボールを
有効に活用するとかも
考えないほうがいい。

ダンボールは、室内にとって
悪い影響しかないと思う。

カビ、ダニ、ホコリの温床となります。


 ダンボールを撤去せよ




ダンボールは、室内にとって
悪い影響しかないと思う。

カビ、ダニ、ホコリの温床となります。

もちろん、ワタクシの意見です。

ワタクシ、通販をカナリ使います。
クルマないのでね。

で、
ダンボールは早く捨てたいのです。

と、いっても、ダンボールって、
資源ごみなので、
カンタンには捨てられないです。

でも、自治体によってですけど、
ウチは、
資源ごみだけど、
細かく切れば、
燃えるゴミ。

って、コトで、ワタクシは
ダンボールを細かく切って、

燃えるゴミの日に。すこしずつ
出しちゃいます。

そこで、便利なのが…
ダンボールカッター

電動の丸ノコタイプものと、
手動のノコギリタイプがあります。
ワタクシは、ノコギリタイプを
使ってます。

手動でも、カナリ楽ちんです。

ただ、ノコギリなので
切りくずが出ます。

ですので、
屋外でやってますね。


「ダンボールカッター」を
楽天で検索



ダンボールカッターは
一家に一台あってもいい商品だと
思いますね。

普通のカッターナイフで
ノコギリ歯タイプってのが
ありますので、
それでも、ダンボールは
簡単に切れます。


 本来の目的のために。




掃除って、
なんのためにします?

部屋をキレイに
するためですよね。


掃除機を
メンテナンスすることが
目的じゃないんです。

もちろん、
雑巾を洗って、キレイにして
再利用することが
目的じゃないんです。

もっと、単純に、
部屋をキレイにするっていう
欲求に対して
素直になればいい。

ウェットシートを
使い捨てにすることで

「洗って再利用」に掛けていた
時間を、本来の目的である
「掃除」に当てることができます。

「洗って再利用」っていう
本来の目的ではない
行為のための時間を、

本来の目的である、
「部屋をキレイに」っていう
欲求に当てることが
できるのです。

そうすれば、
結果がより満足したものになるって
容易に想像できますよね。

こんなカンジで、
欲求にストレートに反応すれば
いいんです。

もちろん、
効率を求めて
洗って再利用するタイプの
道具を使うのも、当然アリです。

でも、それは、
欲求にストレートに反応してみて、
結果を検証したあとのハナシ。

本来の目的のために、
その中間工程って、
ホントに必要なの?
って、

自問自答してからでも
遅くはありません。

ワタクシは検証してみて…

掃除機はいらなかった。

ウェットシートや
除菌シートで
直接、手で拭き掃除すればOK

カビキラーをガンガン使うことで
手でこする掃除をほとんど
しなくてよくなった。

使い捨ての、
手袋、紙皿、紙コップは
使えば使うほどに
生活の収支が良くなった。

ダンボールを効率良く
廃棄するために、
ダンボールカッターは
あったほうが良かった。

ホコリを軽減するために
ノンダスト素材を
優先的に使うほうが良かった。

本来の目的のために、
やってみて、
検証して、どうなのか?

ってのが、重要だと思います。